女性ライダーにおすすめなヘルメットの選び方【答えはフルフェイス一択】

女性ライダーにおすすめなヘルメットの選び方は?

今回の記事では

  • 女性ライダーのヘルメットの選び方

について記事をまとめてみたいと思います。

最初に結論を言ってしまえば、あくまで私の意見として選ぶべきは

  • フルフェイス一択

と考えています。

その理由を、実際に私がフルフェイスヘルメットを利用した経験から以下、まとめていくつもりです。

  • これからバイクに乗る初心者女性ライダーさん
  • ヘルメット購入で悩んでいる方

の参考になれば幸いです。

1、フルフェイスがおすすめな理由

まず、最初に私がヘルメットを購入するなら

  • フルフェイス一択

と断言した理由を「警視庁」がまとめている

  • 二輪車乗車中死者の損傷主部位

を挙げて説明したいと思います。

平成25年~30年の過去5年のバイク事故によるデータを引用すると、損傷部位の構成率TOP6は順に

  1. 頭部:47.5
  2. 胸部:27.0
  3. 腹部:7.8
  4. 頚部:7.4
  5. 腰部:4.4
  6. 全損:2.9

となっているのがお分かりいただけるはずです(単位は%)

f:id:eno1081:20190514214551j:image

▲ヘルメットのあごひも及び胸部プロテクターの着用状況調査結果 警視庁

つまりバイク事故では

  • 圧倒的に頭部を損傷する可能性が高い

んです。

更に、以下のデータを確認してみましょう。

f:id:eno1081:20190514210902j:image

頭部のうち損傷する危険性が最も高いのは

  • 右あご(19.4%)
  • 左あご(15.2%)
  • 34.6

であることが明らかだと思います。

▶https://pages.uncc.edu/visualrhetoric/projects/illustration-video/safety-in-numbers-dietmar-ottes-motorcycle-helmet-impact-diagram/

※このデータはドイツの交通事故調査によるものです。右側通行の場合、左からの衝突 が原因で(右半身が叩き付けられる) ため、右あごの損傷%が高いと推察されます。つまり日本だと逆の可能性が高いです。

事故時は、前に飛び出す形で跳ね上がる。

なので最初にケガを負いやすい箇所だとも言われます。

▶ドイツの交通事故調査の結果から生まれた「バイク事故時のヘルメットのぶつかる箇所」のデータが示されたヘルメットが興味深い 

このことからバイクに乗る際には

  • フルフェイスヘルメットは欠かせない

とお分かりいただけるはず。

特に女性の場合は

  • 顔に一生ものの傷がつく
  • 事故であごが砕けてしまう

なんてことになっては、あまりに由々しき事態です。

もしかすると、可愛い色や形のジェットヘルメットに惹かれているという女性もいるかもしれません。

が、やはり事故に遭ってから後悔しても遅すぎます。

顎が砕けてしまってから、お洒落をしようと思っても遅いですよね。

自分の体を大切にしつつ、バイクライフを楽しむことを強くおすすめします。

2、女性にフルフェイスは重すぎる?

とはいうものの私自身、フルフェイスヘルメットを購入しようか非常に悩みました。

なぜなら教習所でフルフェイスヘルメットを利用していなかったので

  • フルフェイスは重くないか?
  • 視界が狭くなるのでは?
  • 重くて体力が奪われるのでは?

とすごく抵抗を感じたんです。

でもやっぱり安全にバイクに乗りたいと半ば妥協する気持ちでフルフェイスヘルメットを選んだんですが

これが

思った以上に快適

f:id:eno1081:20190514201631p:plain
と感じて驚いてしまいました。

ちなみに私が選んだのはアライの「HR-INNOVATION」というヘルメットです

実際に使用してみると

  • 思ったより重くない

どころかジェットヘルメットよりも、ずっと快適にバイクが運転できると気づいたんですね。

その理由は

  • きちんと顔が覆われている
  • 風圧の抵抗が無い
  • 体力も奪われにくい

ということだったんです。

今までツーリングでトンネルを走行するときや、スピードを出してびゅんと走る度に

フルフェイスにして良かった

としみじみするレベルです。

当然、これまで視界が狭くて走りにくいなんて感じたことは一度もありません。

なので女性ライダーの皆さんは

  • フルフェイス重いかも
  • 視界が狭くなるかも

といった余計な心配はせず、安全重視でフルフェイスヘルメットを選択してください。

3、ヘルメットしてる時のおしゃれは?

ちなみに女性ライダーの場合は、フルフェイスヘルメットしているときに

  • 化粧ができるか?
  • 髪形はどうしたら良いか?

といった悩みも感じるかと思います。

個人的には

  • フルフェイスヘルメットを被っているときも化粧はできる

と思います。

  • 目元

に関しては、上手に着脱すればヘルメットが触れることはありません。

なので

  • アイメイク
  • 口紅(リップ)

に関しては問題ないと思います。

※ただし夏場は汗をかく可能性が高いので、ウォータープルーフのものを利用するのがおすすめです。

オペラ マイラッシュアドバンスト 5g

オペラ マイラッシュアドバンスト 5g

ただし

に関しては、ヘルメットのパットが触れやすい部分です。

肌荒れの原因にもなりそうなので

  • 頬のファンデーション
  • チーク

は控えることを強くおすすめします。

どうしても薄化粧をしたいという人は

  • パット取り外し可能(洗濯できる)なヘルメット

を選びましょう。

私の利用しているアライの「HR-INNOVATION」もパットを外して洗うことができます。

こういった点に関しては、購入前によく確認するのをおすすめします。

f:id:eno1081:20190514213630j:image

髪形はどうするのがおすすめ?

フルフェイスヘルメット着用時の髪形に関しては

  • 毛先が痛まないように収納するのがおすすめ

です。

ロングにして縛って、毛先だけジャケットの中にいれるのも手軽です。

一案としては

  • 三つ編みにしてヘルメットの中に収める

と非常にすっきりするでしょう。

またヘルメットを脱いだ時に

  • 前髪がペタッとなるのが気になる人

もいるはずです。

その場合は、キャップ(帽子)を1つカバンに仕込ませて置くのがおすすめです。

そうすれば、バイクに降りたとき素早く被ることができ、髪の毛の乱れが気になりません。

私はこれで大分、髪形の悩みから解放されました。

4、女性におすすめのフルフェイスヘルメットは?

最後に、女性におすすめのフルフェイスヘルメットをまとめて、記事を終わりにしたいと思います。

基本的には

  • アライ
  • ショウエイ

どちらかのメーカーのヘルメットを選べばOKです。

どちらも世界トップクラス技術で商品を生み出しているヘルメットメーカーで、信頼性は非常に高いです。

アライのおすすめフルフェイスヘルメット

まずおすすめするのは、私が利用している「フルフェイス HR-INNOVATION」です。

Amazonだと

  • 値段も2万円前後(サイズ・時期による)

で購入できるので大変コスパがいいです。

内装が赤色なので、アクセントになって女性視点から見てもお洒落だと思います。

私の場合は、頭囲(眉上あたりから後頭部の一番膨らんでいるところまで、間に指一本分の隙間を入れて)が

  • 55-56cm
  • =アライのMサイズがぴったり

でした。

ちなみにショウエイのヘルメットはアライのものよりも、もっと小さいです。

購入の際に、参考にしてください。

こちらの「HR-MONO4」もお手頃価格かと思います。

宜しければ参考にしてください。

ショウエイのおすすめフルフェイスヘルメット

ショウエイでしたら現在、こちらのヘルメットが低価格で人気も高いようです。

少しお値段高めですが、こちらのヘルメットなど色も選べてカッコいいなと思います。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 ワインレッド M (頭囲 57cm)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 ワインレッド M (頭囲 57cm)

個人的に

  • アライ:スポーツタイプの王道
  • ショウエイ:スマートおしゃれ

なイメージがありますね。

ちなみに私自身、最初はショウエイのヘルメットを購入するつもりでした。

が、装着してみると個人的にはアライの方がしっくりきたというのが、購入の決め手になりました。

f:id:eno1081:20190514205523p:plain

人それぞれ好みもあると思いますので

  • 自分のお気に入りのヘルメット

を見つけるつもりで色々と探してみることをおすすめします。

※私が購入したヘルメットに関しては、下のレビュー記事に詳しく写真入りで記事を書いているので、宜しければ参考にしてくださいね。

www.nekopajamas.net

まとめ

ということで今回の記事では

  • 女性ライダーにおすすめなヘルメットの選び方

について書かせていただきました。

内容をまとめると

  • バイク事故では頭部損傷が47.5%
  • そのうち顎の損傷が34.6%
  • =フルフェイルヘルメットが絶対おすすめ

と警告したうえで、フルフェイスは

  • 風圧がないのでバイク運転しやすい
  • メイクは頬以外可能
  • 帽子を持ち歩くと髪の乱れは気にならない
  • パット取り外し可能がおすすめ
  • アライかショウエイを選べば間違いなし

とまとめさせていただきました。

ちなみに私はバイクに関する記事を他にもたくさん書いていますが、すべての女性ライダーさんに

  • 絶対に安全運転をする

という気持ちを強くもって、バイクに跨ってほしいと考えながら、この記事を書きました。

ちなみにフルフェイスヘルメットだけでなく

  • プロテクターも必要

だと私は考えています。

事故時の損傷部位が、頭部と胸・腹部が併せて82.3%になっている点を踏まえれば

  • バイクを乗るときにどこを保護するべきか?

という問いに自ずと答えは出ると思います。

▲ちなみに私は此方のプロテクターをジャケットに入れて使用しています。 

またプロテクターに関しても記事をまとめたいと考えているので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

バイク用品に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

2 COMMENTS

ちゅうた

ぱじゃねこさん、この記事の中の「頭部損傷」、「顎の損傷」を読んで思わずメールしてしまいました
ぱじゃねこさんは、安全運転なので大丈夫とは思いますがくれぐれもバイクの運転には気を付けてくださいね。
いきなりのメール失礼しました。^ ^
これからも勉強になる記事、素敵な旅行の記事、楽しみにしています。

返信する
eno1081

ちゅうたさん
コメント有難うございます!
バイクは危険な乗り物なので、もっと注意喚起する記事を増やさないといけないと感じながら記事を書きました。
私自身、これからも安全運転を心に刻み続けけたいと思います。
此方こそ、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です