The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

女一人旅のモン・サン=ミッシェル*個人手配のバス旅で訪問したフランス世界遺産の感想と反省点

SPONSORED LINK

世界遺産モンサンミッシェルはパリから遠すぎ!?

誰もが知るフランスの世界遺産・モンサンミッシェル。

以前、私は学生の頃に「人生でやりたいことリスト100」というものを作ったのですが、その中に

  • モンサンミッシェルに行って、優雅にクレープを食べる

という可愛らしい夢が書いてありました。

モンサンミッシェルに行きたくてフランスに旅行先を決めた!という日本人旅行者は少なくないと思うんですよね。

けれどいざ、モンサンミッシェルに行こうと地図を見てみてると…

何ということでしょう!(ジャーン)

f:id:eno1081:20171114194219p:plain

パリから遠すぎる

なんとパリからモンサンミッシェルまでの距離は360㌔!

東京から名古屋に行くよりも長い道のりを超えないと、たどり着けないような辺境の地にある世界遺産なんです。

ということで、今回の記事では個人手配のフランス旅行でモンサンミッシェルに行く場合、どのような方法をとればいいのか?という点について、自分の経験(2017年夏)を踏まえながら、まとめていきたいと思います。

これからフランスに訪れる旅行者の方、モンサンミッシェルに行きたくてアクセスや交通手段について悩んでいるという方はぜひ参考にしてください。

f:id:eno1081:20171210200020j:plain

モンサンミッシェルに個人手配で行く方法

今回のヨーロッパ周遊は、すべて個人手配。

お金もない貧乏旅行でしたので、費用を浮かそうと自力でモンサンミッシェルに行く方法を考えました。

だが、しかし

調べれば調べるほど、都パリからモンサンミッシェルに行く方法って、実は非常に限られていて、手配するのが面倒だということが発覚したんです。

まず第一に問題だったのが

  • パリからモンサンミッシェルに、直通で行ける交通機関は存在しない!

という点です。

つまり、バスや電車を乗り換えないといけないのです。

パリからモンサンミッシェルに自力で行くには、大きく分けて二つ方法があります。

パリからモンサンミッシェルに行く主な方法

  1. パリからレンヌに列車(TGV)で移動+レンヌからモンサンミッシェルにバスで移動
  2. パリからレンヌにバスで移動+レンヌからバスでモンサンミッシェルに移動

レンヌというのは、モンサンミッシェル行きのバスが出ている街の名前

つまりモンサンミッシェルに行きたいのであれば、とりあえずレンヌに向かえばいいということです。

ちなみにパリからレンヌまでは列車で2時間ほどで向かうことができます。

f:id:eno1081:20171210181919p:plain

「なんだ、思ったより簡単そうじゃないか」

単純な私はこのときパリのゲストハウスで寝転びながら、列車チケットの手配を考えました。

だが、その価格を確認してみると

f:id:eno1081:20171210201851p:plain

高っ…

なんということでしょう!(ジャジャーン)

パリからレンヌに行く片道料金が、直前だと63€~もするんです。

実はこれ、1か月ほど前から予約していると半額位にお安く変えると思います

ただ私は現地に行くまで何一つ旅程を決めていなかったので、チケットの手配がすべて当日(もしくは2~3日前)というギリギリ旅行だったんです。

これだとレンヌに行くだけで往復100€の出費になってしまいます。それは流石に厳しいなと思いました。

オプショナルツアーのサービスはかなり◎

ちなみにこのとき、私は良く使うオプショナルツアー「VELTRA」を覗いて非常に悩みました。

というのもオプショナルツアーに参加すると

  • 観光団体用のバスに乗って、直通(4時間)でモンサンミッシェル行ける

これは凄く良い。

パリからモンサンミッシェルへ直通で行く公共バスはありません。

でも観光バスなら、パリからバスに乗るだけでモンサンミッシェルに行くことができるという仕組みになってるんです。

これは凄くメリットが大きいと思います。

しかも昼食もつき

さらにガイドさんから建物の歴史などについて聞くことができます。

値段もパリーレンヌ間の往復切符を買うのとほぼ同じ値段。

f:id:eno1081:20171210182650p:plain

ちなみにもし、もう一度モンサンミッシェルに行く機会があれば、私はこういったツアーを間違いなく利用すると思います。

先に結論を言ってしまえば、モンサンミッシェルはツアーで行った方が絶対いいです。絶対にその方が楽ですし、得です。これは自分の経験から断言できます。

でも、そうなんです。

私、すごく捻くれ者なんです。

なんかもっと安く行く方法はないのか、と考えました。

あとツアーは1つだけデメリットがありました。ツアーは日帰りですので、基本的に夏だと夜景を見ることができないんです。

ということで結局、私はどうしたのか。

私が選んだのは最も最安値の移動手段、長距離バスでパリからレンヌに向かうという方法です。

ヨーロッパの高速バスは非常に充実している

私はパリからぐるっと国境を渡り、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイスまで行った後、飛行機に乗るためにパリへと戻りました。

このときの移動手段は、ほぼすべて高速バス。FLIXBUSというサービスなのですが、列車度が主になるスイス以外では、ほぼバスに乗って旅をしました。

https://www.flixbus.com/

一度、パリからモンサンミッシェルに行くことを保留にした私は、ぐるっとヨーロッパを廻った後、最後に余った予算でモンサンミッシェルに行こうと決めました。

このときの場所がスイスのフランス語圏にある街ローザンヌ。ここから夜行バスに乗って、パリ、レンヌに渡ることにしたんです。

このFLIXBUSは非常にサービスが良く

  • 座席充電◎
  • 無料WIFI◎
  • トイレ付
  • アプリから簡単に予約できる
  • アプリのバーコードを見せるだけで乗車可能

と日本の高速バスより、サービスがいいです。そのうえ座席が広い!
f:id:eno1081:20171210194833j:image

▲FLIXBUS乗車中にて。夜行で寝るのにも快適でした。

またこのバスに関しては、記事を書きたいと思うので、参考にしてください。

列車よりは時間がかかりますが、安く移動したいバックパッカー旅行の方には、心からお勧めしたいなと思いました。

さて、レンヌにたどり着いたものの

夜行バスに乗ってスイスからフランスへ。

十時間以上かけてようやくたどり着いた街レンヌ。

さて、ここでレンヌからモンサンミッシェルに行くためのバスのチケットを買わないといけません(これがまた面倒なんです)。

列車からレンヌに来た方は、北口から出て、右に曲がりバス待合所に向かいます。フランスから高速バスに乗ってきた方は降車した場所が待合所になります。
f:id:eno1081:20171210194941j:image

▲バス待合所の入り口。この中にカウンターがあります。

ここでチケットを購入。

驚いたのが、モンサンミッシェル行きのバスに関する張り紙などが何一つない

あの世界遺産モンサンミッシェルに行くためのバス!となれば、日本のバスセンターなら絶対時刻表とか案内があると思うんですよ。

それがないんです。
f:id:eno1081:20171210195035j:image

不安に思いながら、カウンターに並び「モンサンミッシェル行きのチケットをください」とおじさんに頼む。

だが、しかし

おじさん「ないよ」

私「え」

おじさん「モンサンミッシェル行きのバスは、もうない」

と手で追い払うようにしっしっとされました。

そんなバカなっ…!?

さて、ここで注意点なのですが

レンヌからモンサンミッシェルに行くには、バスしか方法がありません

そしてこのバスなのですが、一日に四本しか出ていません。

なので必ず、事前に時刻表をチェックする必要があります。折角レンヌにたどり着いたのに、モンサンミッシェルに行くバスが一本もなかったということになりかねないからです。

ちなみに検索するためのHPも貼っておきます。時刻をブログに載せている方もいらっしゃいますが時期によって変更もあるようなので自分で事前に確認することをおすすめします。

Search & Compare Cheap Buses, Trains & Flights | GoEuro

出発地をパリ、目的地をモンサンミッシェルにして検索すれば

  • 乗り換え(change)があるかどうか
  • 合計の値段はいくらか
  • 列車やバスの時刻や本数はどうなっているか

といったことを直ぐに確認できます。

で、私。

チェックしてたんですよ、時刻表ちゃんと。

その時刻表が正しければ、あと一本だけバスが残っているはずでした。なので私はこのとき、狼狽しつつも、引き下がらずに

私「本当に?片道でいいんですが」

と食らいつくように言葉を添えました。

するとおじさんが「あ~片道ならあるよ」という感じで、ぱっと私のお金を受け取ったんですね。

このおじさんが不機嫌で、正直怖かった。しかも渡されたのはペラペラのレシート1枚で、具体的な時刻を教えてくれないんです。

一応調べてはいるものの、不安だったので、何時に出発するかついでに聞くと
f:id:eno1081:20171210195102j:image

無言で紙に殴り書きされた

これヨーロッパ周遊した後だったので冷静に対処できましたが、2日目3日目とかでしたら、動揺してチケットを買いそびれてしまったかもしれません。

皆さんカウンターに並ぶときは優しそうなお姉さんの方に並んだ方がいいですよ。

参考までに。

ちなみにここのバス待合所はフリーWi-Fi!
f:id:eno1081:20171210195159j:image

時刻が近づいてくると電子掲示板にモンサンミッシェルの文字が。ひと安心です。
f:id:eno1081:20171210195336j:image

 到着したのはお昼過ぎで時間が余っていたのでレンヌの街を散歩しました。

夜行バスに乗っていたのでお腹がぺこぺこ。

とりあえず適当に見つけたお店に入ります。
f:id:eno1081:20171210200142j:image

クレープのお店ということなので、ご飯になりそうなクレープを注文しました。

フランスの食事は本当に美味しくて、最初は怖くて一人でお店に入れなかったのですが、3日目くらいに食べたレストランのパスタが美味しすぎてはまってしまい、個人的にフランスでの旅の楽しみ食事にありました。

さてどんなクレープが出てくるのかな?ワクワク。
f:id:eno1081:20171210200216j:image
到着!

じゃがいもとチーズの入ったクレープに昼からのビール(最高)!
f:id:eno1081:20171210200244j:image
これ見た目少し地味なんですが、滅茶苦茶美味しかったです。

ベーコンはかりかり、中のイモはほくほく、濃厚なチーズがとろぉっと伸びて、バターの風味がすごく良い。

食べたクレープの中では一番おいしかったです。

しかもビール付きで11€、これは安かった。
f:id:eno1081:20171210200314j:image
街歩きはこんな感じでした。
f:id:eno1081:20171210200349j:image
f:id:eno1081:20171210200412j:image

何だか絵になる風景ですね。パリでは見かけないような建築も見れました。
f:id:eno1081:20171210200539j:image

特筆すべき観光地があるわけではありませんでしたが、時間をつぶすにはよかったです。
f:id:eno1081:20171210200607j:image

ようやく世界遺産モンサンミッシェルへ

レンヌからモンサンミッシェル行きのバスは最終便。

ガラガラでした。
f:id:eno1081:20171210195134j:image

しかもこのバスに乗っていた数人の乗客は、ほぼアジア人だったことも印象的でした。ぱりモンサンミッシェルはアジアの旅行者に人気なのかしら?

たまたま前の席に座ったお兄さんも日本人で、同じようにヨーロッパ周遊をしているバックパッカーでしたので、少しお喋りもすることができました。
f:id:eno1081:20171210195445j:image

窓からのんびり景色を眺めて、一時間もしなかったと思います。

この旅で一番高いお金を払ったホテルへ

モンサンミッシェルは旅の最終地点だったこともあり、きちんとしたホテルを予約しました。
f:id:eno1081:20171210195549j:image

洗面所がある!

ずっとゲストハウスの相部屋ばかりだったので、風呂場に固形石鹸とタオルが備え付けられているだけでいたく感動してしまいました。

私がこのとき泊ったのは、Hôtel Vertというホテルでした。
f:id:eno1081:20171210195718j:image
朝食付きで無料WIFIもあります。

ギリギリ予約なので個室二人部屋しかなかったのですが一緒に寝る人もいないので、ベッド2個使って真横にごろごろして寝ました。
f:id:eno1081:20171210195823j:image

余談ですが、このホテルがある界隈はモンサンミッシェルに歩いていくことができる観光客用のホテル街兼テーマパークみたいになっています。

 大きなお土産屋さんがドーンと立っています。
f:id:eno1081:20171210201315j:image

外に出るとこんな感じ。

住民がいて誰かが暮らしているような場所ではなく、本当に観光のための場所というイメージです。
f:id:eno1081:20171210195644j:image
ここから5分ほどの移動バスに乗って、モンサンミッシェルがある孤島に行くことができます。

馬に乗ることもできます。
f:id:eno1081:20171210201237j:image

私は夜行バスに乗ってからお風呂に入っていなかったので、まずはシャワー。

その後、ふらふらとモンサンミッシェルに向かって2~3キロほどある長い桟橋を歩いて渡って行きました。

そこで私の目を奪ったのは
f:id:eno1081:20171210195857j:image

モンサンミッシェル!!!小さっ!!!

ではなく
f:id:eno1081:20171210195923j:image

羊!!!

ここにも
f:id:eno1081:20171210195951j:image

あそこにも
f:id:eno1081:20171210200053j:image

こんなところにも♡♡♡

f:id:eno1081:20171210200020j:image

こうなるともう誰も私を止められない。

誰も入っていかないような草むらをかき分け、羊を触るためにひた走る。

羊とモンサンミッシェル絶景。

めぇめぇと鳴く羊を見ながら、このとき私はもう旅が終わってしまうんだなと少し悲しい気持ちになりました。

私の大好きな本の中に沢木耕太郎の『深夜特急』という本があります。

私がバス旅に拘ったのも沢木耕太郎に憧れてという部分があったのですが、彼は旅が終わりに近づくと、どこで旅を終わらせるべきかということに思いを巡らせるんですよね。

最終章になると若き日の沢木さんは、ここじゃない、ここじゃない、という思いを抱きながら、彼はヨーロッパを北上していきます。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

モンサンミッシェルは、私の初めてのヨーロッパ周遊旅行の最終目的地でした。

でも何かここじゃない、という気持ちを最後までぬぐうことのできない場所でもありました。
f:id:eno1081:20171210200642j:image

長い桟橋を渡りながら、見渡すと広々とした景色がどこまでも続きます。

そんな広大な景色の中にぽつんと佇むモンサンミッシェルは、近づけば近づくほどに信仰を重んじる人々にとっての巡礼の地というよりも、まるで観光客を喜ばすためのアトラクションのような賑わいに包まれていました。
f:id:eno1081:20171210200709j:image

台湾に行ったときに立ち寄った九份を少し思い出しました。

見下ろすと浜辺が広がっています。
f:id:eno1081:20171210200805j:image

暗くなると明かりがついて綺麗かもしれません。
f:id:eno1081:20171210200837j:image

さて、なんだかお腹が減ってきたな…ということで食べてばかりですが、またレストランにフラフラと足を運んでしましました。

今回の旅行で一番お金を使ったのは食費だと思います。

この日の晩に私が注文したのは…
f:id:eno1081:20171210200740j:image

じゃーん!ムール貝の白ワイン蒸しホワイトソース掛けです♡

ベルギーで食べたムール貝があまりに美味しかったので、また注文してしまいました。
f:id:eno1081:20171210200900j:image

そして念願のクレープ!
f:id:eno1081:20171210200923j:image

感想はというと

正直言ってレンヌのクレープの方がおいしく、ベルギーのムール貝の方が美味しかったかな…(おい)

いや、美味しくはあったのですが…それまで食べたものが本当に本当に美味しかったんです。ちょっと観光地なので、値段が高いような気がしたのと、食事に関してはパリでフラット食べたすべての店に劣るような気がして、少し残念でした。

なんだか消化不良という気持ちのまま帰路へ。

バスに乗ってホテルまで帰りました。
f:id:eno1081:20171210201033j:image

帰りのレンヌ行きバスの当日購入は、不安が大きい

翌日。

ホテルの朝食バイキングで腹ごしらえ。まあ、食べてばっかりですね。
f:id:eno1081:20171210201006j:image
ちなみにモンサンミッシェル~レンヌに帰るためのバスチケットは当日券で購入。

受付で、帰りのバスのチケットを購入できるかと尋ねたところ(怖いおじさんではなく優しいお姉さんに聞きました)レンヌーモンサンミッシェル間のバスのチケットは当日でしか買えないと伝えられました。

すでに帰国日は決まっていたので、もしバスが満員で乗れなかったらどうしようと正直、不安になりました。
f:id:eno1081:20171210201104j:image

▲バス停。暫く待っているとレンヌ行きのバスが来ました。

モンサンミッシェルに思い残すものはなかったので、早々と朝一に退散。


f:id:eno1081:20171210201129j:image

運転手のおばさんからチケットを購入し、無事バスに乗ることができ、レンヌでパリ行きのバスに乗り換えて、街に帰ってきました。

まとめ

ということで、以上をまとめると

  • 自力でモンサンミッシェルに行く難易度は、少し高め

というのが個人的な感想になります。

ネットを使えば、簡単に交通機関を調べられるので、意外と簡単にモンサンミッシェルモンサンミッシェル行けそうじゃん!?って思われる旅行者も多いかもしれません。

でも、あまりお勧めできないです。

レンヌの駅は工事中ということもあって、少し道がわかりにくかったですし、一通り歩きましたが、これと言って観光する場所もあまりないように思いました。

それと

  • パリからの交通費を考えると、ツアーの方がお得なうえに楽

だと個人的に思います。

ちなみに私は過去記事に、オプショナルツアーの使い方についての説明をまとめています。

www.nekopajamas.net

そしてモンサンミッシェルこそまさしく、ツアーを賢く利用して回るべき観光地だなと感じました。

ツアーならば、ツアー会社の出してくれるバスで、パリから乗り換えることなく高速バスに乗ってモンサンミッシェルに行くことができます。

クレープのサービスがついていたり、建物の歴史についてのガイドも聞くことができるでしょう。時刻表を調べたり、レンヌの駅で迷ったり、といったハプニングもありません。

こういったサービス費と交通費込みとと考えると、オプショナルツアーのコスパはかなり良いと思います。

モンサンミッシェルの宿泊施設について

最後に、私がもう1つ悩んだのが、宿泊施設。

それまでどんなに高くても日本円で5000円未満の宿を渡り歩いていたんですが、モンサンミッシェルには、そんな安い宿はありませんでした。

調べてみたところ、モンサンミッシェルの宿泊は、以下の3タイプと判明しました。

  1. モンサンミッシェルの島内の宿泊施設(値段が高い)
  2. モンサンミッシェルの島に2キロほどで歩いて行ける距離にある宿泊施設
  3. モンサンミッシェルから10㌔ほど離れた場所にあるポントルソンという村にある宿泊施設

の三種類です。

値段は1、2、3と順と距離が離れるにつれて、安くなります。

1というのは本当にモンサンミッシェルの建物の内側に泊まる!というイメージです。宿泊施設の値段も高そうですし、そこまでモンサンミッシェルに寄り添う必要もないかなと個人的には思いました。

2はモンサンミッシェルの島の近隣にあるホテルに泊まるという選択です。モンサンミッシェルのための観光ホテル街みたいになっています。

無料バスがあって、モンサンミッシェルまでの2~3キロほどの距離を深夜まで往復バスが走り続けています。歩いてモンサンミッシェルに行苦ことも可能です。

ちなみに私はこれを選びました。

3はモンサンミッシェルから少し離れた場所にあるポントルソンという村の宿泊施設に泊まるという選択です。

個人的には3にすればよかったなと少し後悔しています

バスで少し通っただけですが、なんだか可愛らしい村だったんですよね。じっくり見たかったなと少し心残りです。
f:id:eno1081:20171210201402j:image

▲通りかかったポントルソンの風景をぱしゃり。

2にしたところで、モンサンミッシェルまで歩いていくのは疲れますから、結局バスに乗ります。ホテルの窓からモンサンミッシェルが見えるというような距離ではありませんからね。

それなら同じバスでモンサンミッシェルに向かうことのできるポントルソンで安い宿泊施設を探した方が良かったなと思いました。

ちなみにもう一つ後悔したこと

私はこのホテルをいつも使っているBooking.com で予約しました。

ただ後から思ったのですがHotels.comというサイトを使った方が得だと思います。

というのもサイトは、10泊ホテルを予約すると1泊分タダになります。このとき自分が今まで利用したホテルの平均宿泊料金が無料になるので、

  • 安いゲストハウスならば、ホテルの登録件数が多いBooking.com
  • 高いホテルならばHotels.com

と使い分けるのが◎だと思います。

旅行後に後悔した点なので、宜しければ参考にしてくださいね。

ちなみにモンサンミッシェルの夜景の感想は?

私がオプショナルツアーではなく個人手配に拘ったのは、どうしても夜景のモンサンミッシェルが見たかったから。
f:id:eno1081:20171210201443j:image

ただ感想をまとめてみると

  • モンサンミッシェル内の宿泊は値段が高い
  • 夜は風寒く、長時間外に出たいと思えなかった
  • 人が非常に多いので疲れる

といった少しネガティブなものになってしまいました(おい)。

寒いんですよ、めちゃくちゃ
f:id:eno1081:20171210201511j:image
もう夜景とか見てる場合じゃないんですね、私の右手を暖めてくれる素敵な恋人とか横にいたら別ですけど、こちとら一人旅ですから、ガクブルですよ。
f:id:eno1081:20171210201612j:image
さっさとバス乗ってホテルに帰りましたが、そのバスもすごい混んでて、ヨーロッパにいるのに日本の通勤電車に乗っている気分でした。
f:id:eno1081:20171210201553j:image

▲バスに乗るために長蛇の列を作る観光客。

個人的には昼間の方が、視界の圧倒的な広さや、羊の群れや、どこまでも広がる砂浜が絵になって美しかったと思いました。

人それぞれだと思いますが、それほど夜景に拘る必要はないというのが個人的な意見です。

最後にモンサンミッシェルの個人手配旅行についての感想をまとめてみたいと思います。

  • モンサンミッシェルにパリから行くのには、時間がかかる
  • パリからレンヌに列車かバスで行った後、レンヌでモンサンミッシェル行きのバスに乗り換える必要がある。
  • 個人手配なら事前にチケットを手配するのが◎
  • オプショナルツアー(VELTRA)などを賢く利用するのが、お勧め◎
  • 夜景にそれほどこだわる必要はない
  • 観光客の数が多いのを覚悟していく

とにかく移動が大変だった、出費がかさんでしまったという印象の強い。なんだかネガティブな感想が多い記事になってしまいました。

けれどもモンサンミッシェルへと続く道は、非常に開放的で、非現実的な光景が広がっていました。

ぜひ一度、機会があれば足を運んでみてくださいね。それでは、最後まで読んでくださり有難うございました! 

フランス一人旅に関する他の記事

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

フランス行きの航空券を検索