The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

高速バス(FLIXBUS)でヨーロッパ周遊してみた感想と反省点

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

バックパッカーには嬉しい格安高速バス*

今回の記事では、私はヨーロッパ周遊の移動の際に利用した高速バスについて感想をまとめたいと思います。

ヨーロッパはとても高速バスが発達していました。

比較的どんな場所にも安賃金の高速バス1つで行けるのだなぁと思いました。
f:id:eno1081:20180408191729j:image

ということで、高速バスの良かった点・悪かった点も含め、まとめてみます。

これからヨーロッパに旅に行こうと考えている方(特にお金をかけずに周遊したい方)の参考になれば幸いです。

最適な移動方法(時刻、ルート)の探し方

まず、行きたい場所を決めます。フランスのパリにいると仮定し

「よし!次はベルギーの首都ブリュッセルに行こう」と決めます。

そしたら、このGoEuroというサイトに行きます。これは日本でもよくある飛行機、バス、列車などの時刻やチケットを比較して表示してくれる検索サイトです。

片道(One way)を選び、地名と日付を打ち込みます。

f:id:eno1081:20180408171936p:plain

検索してみると、このような画面が出てきました。

便利なことに上に列車・飛行機・バスの所要時間と料金の平均が表示されています。

f:id:eno1081:20180408172032p:plain

今回はバス旅ということを仮定しているので、右側のバスマークをクリックします。

すると、高速バスの候補がずらっと挙がってきました。

f:id:eno1081:20180408172234p:plain

さて、どのバスが一番自分の予定にあうものでしょうか?

よく見ると乗り換えが二回あったり、早朝の出発だったり、5時間もかかるバスもあります。

ということで、左側の「Recommend(おすすめ)」をクリックします。

すると…

f:id:eno1081:20180408172748p:plain

下の条件の高速バスが先頭に表示されました。

  • 乗り換えなし(Direct)
  • 所要時間3時間45分
  • 片道16.61€(平均料金以下)

あとは時刻をしっかり確認して、予定に合えば選択肢、そのバス会社のHPに行ってバスを予約するという流れになります。

それでは以下、実際に利用した高速バスのサービス内容について感想をまとめたいと思います。

高速バスの良かった点

まずは高速バスを使って旅行をして良かったと思う点をまとめてみると

  • 料金が安い
  • 直前(前日)などでもチケットを予約できる
  • 日本の高速バスに比べると座席が広い
  • 夜行バスを使って、国境を超えることも可能

といった点ではないでしょうか。

パスポートチェックなども無く、気軽に国境を越えられました。

基本、国内旅行と同じメリットになりますが値段が安いのが魅力です。

直前にチケットを取るとなると、値段が高くなったりもしますが、やはり列車を使用するよりは安いです。

そして日本のバスに比べると座席が広いので、夜行バスでも割とのんびり過ごすことができたのも良かったと感じました。

また私が頻繁に使用させていただいたFLIXBUSに関しては

  • バス内で無料WIFIサービス有(ただし制限あり)
  • アプリで手軽に予約可能
  • QRコード画面を見せるだけで乗車可能
  • 各席にコンセントがついていた

という点が非常に良かったです。
f:id:eno1081:20180408191816j:image

▲FLIXBUSは蛍光グリーンが特徴のバスです。遠目から見ても直ぐにどれかわかります。

高速バスの悪かった点

同様に高速バスを使用して、困ったなと思った場面をまとめてみると

  • 時間がかかる
  • 遅延がある(特にドイツが酷かった)
  • バス停がたまに分かりにくい
  • トイレが汚い

といった点になるかと思います。

バスなので移動時間がかかります。

あまり長く滞在できない旅行者の場合は、特別な場合や短距離を除いては、列車を使用した方が望ましいかもしれません。

また時間の遅れは、日本では考えられないほどあります。

基本5分~25分くらいのものなのですが、ドイツでは2時間ほどバス停で待ち続けるといったことがありました。

既に自分のバスが出発してしまったのかもしれない、まだ来ていないだけなのかもしれないという緊張感の中、バスを待ち続けるのは精神的に辛いものがありました。
f:id:eno1081:20180408191850j:image

▲バスが来ないので待ち続ける周りのバックパッカーたち。この日は雨が降り、非常に寒くてぶるぶる震えながらバスを待ち続けました。

f:id:eno1081:20180408192353j:image

▲夜行バスの出発地点として指定されたバス停。地元の若者たちがお酒を飲んでいて怖かったので遠くから隠れるようにして文庫本を読んでいました。

また、バス停の場所がたまにわかりにくいです。

事前に必ず地図でバス停の位置を確認することが大切です。

私は着いて看板などがなく不安だったら、近くの駅員さんやバスの運転手さんにバス停の場所を聞きました。

或る時はバス停が全くわからず、人に聞いても聞いても誰も知らず、ようやく聞いた駅員さんの教えで反対側のバス停にいることを知り猛ダッシュ、あと1~2分遅れていたらバスを逃すところだった…という危うい場面もありました。

ですのでそういったリスクを冒すのは絶対いや!という安全志向の方も、駅からの発着が固定されている列車を使用することをお勧めします。

euRoLines(ユーロラインズ)の良くなかった点

私はヨーロッパのバス旅で

  • FLIXBUS
  • euRoLines

の2つのバスを使用したのですが「euRoLines(ユーロラインズ)」はパリ~ブリュッセルの一度しか使用しませんでした。理由は

  • 乗車する30分前に受付でチェックインをする必要がある
  • 予約後、乗車券を紙に印刷して持参しなければ乗れない
  • 無料wifiサービスがなかった
  • コンセントがついていなかった

というものです。
f:id:eno1081:20180408191951j:image

▲宿泊先でお金を払って予約票を印刷してもらいました。しかもバス停に指定された駅が治安の悪い場所だったのも、あまりお勧めできない理由の一つです。

特に紙に印刷しなければいけないというのが面倒で、FLIXBUSはその点、2分前くらいに直接バス停に行ってQRコードを見せるだけで乗れたので、とても便利だと感じました。

なので直行便があり値段が安く、これしかない!という場合を除いてはFLIXBUSの方を使った方が絶対に楽かなというのが個人的な意見です。

私も一部分のバスに乗っただけの評価になりますので、例外もあると思いますが、一応参考にしてください。

本当に得なのは「早めの列車予約」?

実際に周遊してみて思うこととしては、時間がありお金がないのであれば、やはり高速バスは1つの有効な旅の手段かなということです。

ただし、やはり快適さの面では列車に劣ります。

スイスでは高速バスがなく、国鉄での移動を余儀なくされたのですが、時間の遅れもほぼなく早く移動ができ、快適そのものでした。
f:id:eno1081:20180408192044j:image

一番賢いのは「レイルヨーロッパ」の活用

今まで説明した高速バス予約は、基本的にすべて英語の予約になります。少し不安な方もいらっしゃるかもしれません。

この点を考えると、ヨーロッパ列車を予約するときの定番サイトレイルヨーロッパは日本語対応ですので、安心感があります。

高速バスはありませんが、どなたでも間違いなくチケットを予約できます。

試しに、先ほど行ったのと同じ条件(日付:5/1、人数:1人、行き先:パリからブリュッセル)で検索をかけてみると…

f:id:eno1081:20180408183206p:plain

日本語で検索結果も表示されます。

表示も日本円です。列車は便も多く、所要時間がバスの半分以下(1時間20分)であることがわかるかと思います。

ただしお値段も倍以上になっています。

お金が倍ならバスの方がいいかなと思うかもしれませんが、ここでちょっと考えました。

日付を3か月先の8月1日に変更してみるのです。

すると…

f:id:eno1081:20180408183539p:plain

うんと値段が下がった…!

目的地は同じ場所なのに早く予約するだけで値段が2800円も異なるんです。

ほほう。

となると可能であれば、事前に列車のチケットを予約して、早めに乗車券を確保するというのが結局一番なのかもしれません。

  • 弾丸旅行や時間に余裕がある場合は高速バス
  • 3か月前などに予約を立てられる場合はレイルヨーロッパで事前にチケット確保すると◎

という結論になるかと思います。

まとめ

ということで今回は高速バスでのヨーロッパ旅行を振り返ってみました。

まとめてみると

  • GoEuroで検索するとわかりやすい
  • 高速バスは直前でも安いのが一番のメリット
  • 夜行バスなどをうまく活用して移動することも可能
  • ただし移動に時間がかかる(乗り換えの可能性もアリ)
  • 遅延の可能性があり
  • 早めの予約ができるならレイルヨーロッパで列車予約がお得!

となります。

だけど

振り返れば振り返るほど、バス2時間待ち続けたり、迷子になったり、遅れそうになって爆走したり、真っ暗なバス停で待ち続けたり、あまりお勧めしてはいけないようなエピソードが浮かんできて、渋面を浮かべています。

スリルはありましたが、かなり際どい旅行だったな…と。

更にこうして調べてみるとレイルヨーロッパの事前予約がかなりお得なんですよね。

例えば、私が移動したローザンヌ(スイス)~パリ間を見てみると、3か月前予約なら所要時間4時間で4200円

実際、私は前日予約の夜行バスで9時間以上かけて同じくらいの値段(もしくはそれ以上)でヘロヘロでした。

f:id:eno1081:20180408185055p:plain

高速バスが安いと思い込んでいましたが、早目の通常チケットでしたら、移動時間を考慮すると列車利用がかなりお得かもしれません

ただし予定をしっかりと立てて、その通りに行動する必要があります。

思い付きの弾丸旅行が好きなので事前予約するのは躊躇われるのですが、安いに越したことはないですね。

高速バスを宣伝するつもりが、逆に早め予約の列車移動を勧めているような結果になってしまいましたが、どちらの移動手段も活用して、お金と時間両方をうまく使えるように思います。

色々なキャンペーンもあるようなので、少し研究してみたいと思います。

f:id:eno1081:20180408191342p:plain

▲記事を書きながらニュースレターに登録してしまいました。

私も早めに予定を立てることの大切さを痛感しました…!こういった経験談が反面教師のような形?でもよいので、少しでも役に立てば幸いです。

レイルヨーロッパ

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*航空券検索サイトの徹底比較を下記のページでしています。宜しければ、予約の際の参考にしてください。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net