『めぞん一刻』にみる男女の求める理想の愛について|漫画レビュー

最近『めぞん一刻』文庫版が近所の古本屋さんで全巻30円で大安売りされているという素晴らしい出来事に遭遇しました。

『めぞん一刻』の感動が3コインで買えるなんて

そんな馬鹿な…

と困惑しながら、レジに直行!

嬉しすぎて、一気に三周、読み直しました。

そんな私はバリバリの平成生まれ。

  • 「好きな漫画は『めぞん一刻』です」

と周囲に伝えても

「あの未亡人と結ばれるやつ?」

「なんか古いマンガだよね?」

「最終回だけ知ってる」

という冷たい反応がほとんどです。

おい…

ふざけんなよ

お前ら!!!(涙)

『めぞん一刻』の魅力は、決して最終話だけに詰まっているものではないのです。

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)

 

ということで、この漫画の地味に凄いと思う点を、思うが儘に書き殴りたいと思います。

『めぞん一刻』の魅力①:漫画の中の「時間」

まず、この漫画の地味にすごい点を紹介したいと思います。

それは

  • 漫画内の時間軸と連載当時の時間軸が同じ

という点です。

『めぞん一刻』は1月連載に正月を祝い、3月に合格発表があり、夏には海に行き…という具合に漫画の中のイベントと現実世界の季節がシンクロする連載漫画です。

それだけでなら昨今も珍しくないのですが、この漫画の中の主人公たちは歳をとります

漫画の長期連載の場合。

大抵は物語の都合上、主人公がずっと高校生だったり、あるいはあっという間に大人になったりすることが多いです。

例えば、ドラえもんやちびまる子ちゃんはずっと時間が止まった世界に住んでいますよね。

しかし『めぞん一刻』は違います。

主人公五代君の浪人生活、合格発表、大学生、就職浪人…

彼の人生の節目が、現実世界とほぼ等しい時間の流れに沿って描かれていきます。

つまり、この漫画は

  • 或る一人の青年の成長(恋愛)物語が「本気の」7年越しで描かれている

というのがポイントなのです。

この時間の作り方は長期連載がなせる業なのですが、今の時代の漫画家さんたちにこれを求めるのはとても難しいことだと思います。

漫画に慣れきってしまった読者に対し、刺激的な場面や展開を提供しなくてはならない。

何より、連載の移り変わりが激しい弱肉強食の漫画戦国時代です。

或る意味で『めぞん一刻』はこの時代(80年代)だったからこそ描くことができたのかもしれませんね。

『めぞん一刻』の魅力②「青年」向けラブコメ漫画の「原点」でありながら「頂点」

ここで『めぞん一刻』のあらすじを振り返ってみましょう。

  • この漫画のあらすじは超単純

です。

浪人生の主人公五代が、おんぼろアパート一刻館の管理人音無響子に一目ぼれ。

ひたすらに彼女を追いかけ続けるという典型的なラブコメディ。

ちなみにヒロインの響子さんはスタイル良し、器量よし、掃除洗濯料理すべて完璧、スポーツ神経抜群の高嶺の花

対して五代君は、不器用で、冴えない、要領の悪い、優しいだけが取り柄のようなごくごく平凡な男です。

ちなみに青年漫画のラブコメディというのは

  1. 同居(ホームコメディ)
  2. 主人公(冴えない男)
  3. ヒロイン(超美人)

というパターンが、今でも実に多いですよね。

 ▲最近では『ドメスティックな彼女』などの設定が浮かびますね。

なぜか冴えない男主人公が可愛い女性に言い寄られるというシチュエーション。

そして、女性が異様なほどにナイスバディであることが多いです。

『めぞん一刻』はこういうお決まり要素をすべて先取りした漫画です。

例えば

  • 五代にメロメロの女の子こずえちゃんの存在
  • お風呂シーン(響子さんのナイスバディ)
  • 一つ屋根の下(五代のエロ妄想)

などが、繰り返し描かれている点です。

昔、『ラブひな』という漫画が流行りました。

これも『めぞん一刻』をより青年向け(ハーレム×エロ要素の追加)にした印象を受けます。

ホームコメディという観点で見れば、同時期では(81年~)あだち充の『タッチ』が連載されていた時代でもありますね。

少しジャンルが違うとも思われるかもしれませんが『タッチ』と『めぞん一刻』の共通点を考えるのもまた面白そうですね。

エロだけでは物足りない*男性主人公の成長を描いた恋愛漫画

例えば『タッチ』の決まり文句と言えば、ヒロイン南ちゃんの

  • 「私を甲子園へ連れてって」

です。

この南を甲子園に連れていくという思いが、主人公を成長させていきます。

同じように『めぞん一刻』でも主人公を成長させる動機が存在します。

それが

  • 「響子さんと結婚する」

という、ヒロインを幸せにしたいという強い願望なんです。

ヒロインを幸せにしたい(夢をかなえてあげたい)という強い願望によって、男性主人公が成長していくというプロット。

すなわち、意中の女性に対する思いを

  • 「君のために俺はいい男になる!」というモチベーションに昇華して成功していく

そんな男性像が描かれているという点で共通しているのです。

これは実はその後、色々な青年向けラブコメディに見られる典型的なパターンだったりします。

さらに、ここからより深く『めぞん一刻』の魅力を分析していきましょう。

永遠のヒロイン「音無響子」の凄い点とは何か?

『めぞん一刻』のすごいところ。

それは、なんといっても

  • 男性が夢中になる女性の秘儀=「手に入りそうで手に入らない距離の女性」を7年も保ち続ける荒業を響子さんが繰り広げてくれる点

だと思います。

この漫画(もしくはヒロインの響子さん)が多くの男性に支持された理由。

それは作者が

  • 男性を魅了する小悪魔的なヒロインの特徴をとても上手に描いている

という点にあります。

つまり漫画のプロットだけでなくキャラクター設定においても『めぞん一刻』はラブコメ青年漫画の「原点」であり「頂点」と思われるのです。

ここまで、私は青年漫画としての『めぞん一刻』を考察してきました。

まとめると

  • 冴えない男性主人公×美女
  • 一つ屋根の下(ハーレム系原点)
  • ナイスバディのヒロイン
  • ほどよいエロ描写(主人公の妄想)
  • 主人公にメロメロな第三の女キャラクター
  • 女性の獲得(=目標設定)とした主人公の成長
  • 男性の狩猟本能を刺激する女性ヒロイン

といった要素です。

しかし

私が『めぞん一刻』を称賛するのは、以上の理由だけではありません。

『めぞん一刻』の真の凄さは

女性も楽しめる

実は、この一点にあるのだと私は確信しています。

それは一体どういうことでしょうか?

『めぞん一刻』の魅力③「女性」向けラブコメ漫画の「原点」でありながら「頂点」

「めぞん一刻」という作品のプロットを、ここで青年漫画として分析してみましょう。

主人公の五代は冴えない浪人生。

これと言って特技もないし、顔も平均並み。

或る日、超美人で家庭的な、高嶺の花の未亡人音無響子に一目ぼれ。

彼女のハートを射止めること、一人前の男として認められることをひたすらに目指して、不器用に成長していく物語…

しかしこれを

  • 女性の視点からみる

とどうでしょう。

つまりヒロインの響子さんを主人公とした女性漫画的視点から、プロットを追っていくのです。

すると以下のような物語になります。

音無響子は、心優しく、気立ても良い、家庭的な美人。

けれども人生でたった一人愛した夫が結婚後、数年で他界。

若くして、突然、愛する人を失うという悲劇にあいます。

「私の夫は一人だけ。これから一人で生きていこう」

そんな誓いを立てる彼女の前に、一人の青年が現れます。

彼の名前は五代。

特に特技があるわけでも超イケメンなお金持ちでもありません。

亡くなった旦那さんとは全然違うタイプの男性です。

最初はそんな彼に対して、当然特別な感情は抱いていませんでした。

冷たくあしらったことも何度もありました。

でも、彼は絶対にあきらめません。

どんなにわがままを言っても、かつて愛した人を忘れられないと言っても、受け止めると言ってくれる。

次第に彼の明るさ、優しさを頼りにしている自分に彼女は気づき始めました。

ずっと、七年もの月日をかけて。

そう、お気づきでしょうか?

『めぞん一刻』は男性にとって理想的なシュチュエーションだけを盛り込んだ青年漫画ではなく、女性にとっても比較的理想的な恋愛の形を雛形にしているのです。

音無響子という「面倒くさい女」

ここでさらに

  • 音無響子というヒロイン

について指摘したいことがあります。

それは才色兼備で、家事すべてを完璧にこなし男性の理想ともいえる響子さんに

一つ欠点がある

という点です。

それは響子さんは、五代君がほかの女の子と仲良くすると、強烈に嫉妬し、機嫌を損ねてしまうという性格です。

そう、彼女は俗にいう

”面倒くさい女”

『めぞん一刻』は彼女のこの欠点が原因で、二人が何度もぎくしゃくし、すれ違いを繰り返すという仕組みになっています。

しかし五代君のすごい点は、響子さんにべた惚れで、何があっても絶対に響子さんを追ってくるという点です。

そう、お判りでしょうか?

これ、青年漫画というよりも少女漫画によくみられる設定なんです。

冴えない青年がなぜかモテるというように、少女漫画には

  • 明らかに男性に嫌われる・愛想をつかされる行動をしてるのに、なぜかイケメンに愛されるというご都合主義展開

が存在します。

青年漫画も少女漫画も等しく、現実では叶わないことを夢として提示するものです。

全ての女性が恋人に本心では望んでいること…

でも現実の世界ではよく期待を裏切られてしまう展開。

それは

  • 「もう嫌い」の裏にある「実は追ってきてほしい」という面倒くさい感情

です。

五代君はイケメンでもなく超極貧の年下男。

でも、どんな見返りがなくても一途に響子さんを追いかけ続けます

これは並大抵の精神力では、まず無理です。

本当にどっかの修行僧でない限り、無理なんです。

7年間も「手の一つも握らせない男」の立ち位置(ときたまのハプニング等はあり、何とも言えない微妙な関係)でありながら、ほかの女の子にどんなに誘惑されても、彼にとって「抱きたい女」はただ一人だと言い切るんです。

いやいやいやいやいやいや、そんなプラトニックな男どこにいんだよ?

少女マンガじゃあるまいし!

ってことなんです。

つまり『めぞん一刻』は実は男性だけでなく、むしろ女性の願望(=体目当てじゃなくて、本当に私のことが好きで結婚したい男性との恋愛)を忠実に描いているわけです。

以上の点から

  • 『めぞん一刻』は男女両方の視点から楽しめるラブコメである

そして、これは高橋留美子が男性心理をよく理解した”女性”だからこそできた偉業であると私は考えています。

男にとっての理想の愛と、女にとっての理想の愛

男は理想の女(=性的に魅力的でパーフェクトな女性、なかなか自分に体を許さないが、思わせぶりで自分に気があるような言動も多い)をひたすら追い続け、もがいて成長し、やっとのことで彼女の愛を勝ち得ます。

その出会いで人生を変えていくのですね。

一方、女は男(=他のどんな女性に誘惑されても、絶対に自分を選び、好きだと言葉にしてくれる、だが体ではなく自分の心を欲し、結婚を望んでいる)の一途で無償の愛を得ます。

そして傷ついた心を癒し、その存在に救われるんですね。

ここに見るのは、青年誌や少女漫画で頻繁にみる

二つの欲望

男女が求める愛の形が両方とも見事な交差によって表現され、昇華ている芸術的な美しさではないしょうか。

『めぞん一刻』

それは我々男女が求めずにはいられない理想の愛の形を、両方描き切った傑出したラブコメ漫画なのです。

今後も多くの漫画が輩出され続けていく漫画大国日本において、その名を漫画史に刻み続ける名作中の名作。

だからこそ、刺激的な描写やオイシイ設定にあふれているだけのその他青年ラブコメ漫画と明らかに一線を画し続けていくのではないでしょうか。

最後に|好きな漫画『めぞん一刻』感想(レビュー)

私は時代を問わず、数ある少女・青年漫画を読んできました。

しかし『めぞん一刻』以上の胸キュン純愛ラブコメ漫画に、出会ったことがありません。

高橋留美子は間違いなく

天才

でしょう。

『めぞん一刻』の好きなエピソードを数え上げたらきりがありません。

個人的には、特に好きなのは響子さんが五代君にお弁当をつくるエピソードです。

※以下すこしネタバレ

就職に失敗し絶望の中をさまよう五代。

彼は、保育園でバイトとして働き始めます。

子供と触れ合う楽しみを知り、保育士になりたいという夢をもつ五代を応援しようと響子は手作りのお弁当をつくり、五代に渡すようになります。

二人の距離は、少し良い感じに。

しかし保育園側の都合で、五代は突然バイトをクビになります。

その事実を響子に笑顔でお弁当を手渡されて、伝えることができません。

涙がこぼれるのをこらえながら、公園のベンチに座り、弁当のふたを開けると、子供たちが喜ぶようにと彼女が腕を振るって作ったお弁当が。

f:id:eno1081:20141130224048j:plain

これは辛い!!!

追い詰められた五代は、響子さんに毎日仕事に行っていると嘘をつきます。

しかしキャバレーの呼び込みのバイトをしているところを偶然見られ、険悪な状態に。

「どうせまた仕事を投げ出したんだわ」

響子が保育園に電話をし事実を確認すると、五代がとても一生懸命に仕事をしていたこと、しかしこちらの都合でやむなくクビになってしまったと知ります。

そして次の日。

f:id:eno1081:20170107210649p:plain

きょきょきょきょきょきょ

響子さんっっっっんんん゛!!!

もうこんな女性、嫁にするしかないと心の中で叫んだ方。

ぜひ『めぞん一刻』を一気読みしてください。

絶対に、損はさせません。

それでは、私の「めぞん一刻」愛が一人でも多くの方に伝わる記事になっていれば幸いです。

最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

マンガに関する他の記事はこちら

女だけど青年漫画が好き!おすすめ9作品を紹介【完結作のみ】 東村アキコ『偽装不倫』にみる婚活の既視感、違和感、けれども罪悪感

レビュー記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。