読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

【独学のススメ*】フランス語をゼロから学んで1か月で仏検4級に合格した勉強法

独学でフランス語を勉強してみよう!

今回は、私がフランス語を独学で勉強し、三か月で仏検4級に合格したときの勉強法をまとめてみます。フランス語に興味があるけれども、学ぶ機会を逃してしまったという方、ぜひ参考にしてください。

1、私がフランス語を独学で勉強し始めた理由

私が大学時代、最も熱中しハマったもの。それは映画鑑賞でした。特に大好きだったのがフランス映画です。ブレッソン、トリュフォー、ロメール、ゴダールなど有名な映画監督を多く輩出している映画大国フランス。

フランス映画をうっとり眺めながら「フランス語、素敵♡」とうっとりしていた私。

悲しいことに大学入学時に決めた第二言語はスペイン語でした。

スペイン人教師ハビエルにいつも

「コラ、寝チャ、ダメヨ!」

と名指しで注意されていた私。

不貞寝をしながらフランス語にすればよかったと何度も愚痴をこぼしていた日々が続いていた十代のころを思い出し、それならいっそ独学で勉強しようとようやく思い立つ。当時は大学生ということで長期休みが多く、一か月集中して勉強を行い、見事フランス語4級を取得することができました

2、独学初心者はフランス語検定(仏検)4級を目標にすると◎

さて、フランス語は全くの初心者だった私。まずは勉強を始める前に、目標を定めることが大切と考えて、フランス語検定(仏検)4級の取得を目指そうと決めました。

個人的な見解を述べると、語学検定における4級というのは、全くの初心者が独学で語学を取得する際、目標にすべき指針として、とても良いレベルと感じています。

というのも4級ではなく5級を目標にすることで、勉強のハードルを上げることができます。また、案外に簡単に取得することができるのでその後の勉強に対するモチベーションを上げることができます。

3級は短期間の独学者がいきなりとるのには、ハードルが高すぎるので、4級を足掛かりにしようと思えるのです。

個人的にこの目標設定は、自分のモチベーションと勉強の方向性を決めるのにとても役立ちました。

3、私がゼロからフランス語を学んだ方法

ここからが本題。

全くの初心者がフランス語を学ぶためにはどうしたらよいのか?

私、考えました。

お金があったら語学学校という選択肢もあるのですが、貧乏学生にはとてもじゃないけど無理。

ということで私が最初に取った行動。

大学の1年生が学んでいる必修の授業に潜り込みました。

きゃぴきゃぴの大学生と一緒にゼロから学ぶフランス語!

なんだか初心を思い出すな♡と思いながら、発音の練習スタート!

その結果、どうなったかと言いますと、

2回授業に出ただけで行くのを辞めてしまいました。

当然ですよね。

だって

大学生(文系)ってそんなもんじゃないですか?

もともとの怠惰な性格が災いになり既に腐れ大学生と化していた私は「初心それって何おいしいの?」状態。そもそも履修すらしていない大学一年生対象必修授業が開講される1限目の授業のために朝起きるということができるはずがない。

ここで「あかんあかんあかんあかん」と立ち止まる私。

そもそも超マイペース集中型の自分が、皆に合わせてのんびりと授業を受けながら語学が学べるわけがないとようやく気づき、大学生協に参考書を買いに行きました。

そこで出会ったのが『フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)』でした。

正直、今回の記事はこの本を紹介したいがために書いているのだというくらい私はこの本にお世話になりました。

何が良いかってとにかく薄い!簡単!楽しい!の無敵三拍子で、この本がなかったら、早々と独学を挫折し、絶対フランス語検定など受かることもできなかったと思います。

4、参考書に付いている音声をフル活用し、発音を覚える

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)』に出会った瞬間「これならいけるかも」と直感した私。まずは付属CDを何度も聞き、フランス語を発音を覚えることから始めました。

この本の最初に「4ページでわかっちゃう、フラ語・発音のルール」という0章があるのですが、私はこのページのCDを聞きながら、おそらく100回位、発音の練習を一人で繰り返しました。

というのも自分が英語を学んでいて、受験生の時に発音の勉強を全くしていなかったことを凄く公開していたからです。語学は何よりまず音から学ばなければいけないのかもしれないと思い始めていたこともあり、フランス語を学ぶ際は、音声を聞くことをとても大切にしました。

それから2日~3日ほどで第7章の「前置詞と定冠詞の縮約」までを徹底して、学びました。問題は、そのあとに控えている動詞の活用になります。

ここで思いついたのが、受験生の時にとても活躍していた緑の目隠しマーカーペン(百均で買えます)。覚えなければいけない活用部分に線を引き、ひたすら暗記。

勿論、音声を聞きながら、何度も繰り返しました。

f:id:eno1081:20161123114500j:plain

出てくる単語も逃さず覚える。CDも擦り切れるまで聞く。何度も同じページを読む。活用の暗記。そう、私は仏検を受けるまでの1か月、ただひたすらにこの本をやりこむことだけに集中しました。

そしてそれだけのことで、仏検4級が取得

できるわけないですよね。

申し込みも終わり、検定1週間前になって初めて仏検4級の問題を覗き見た私。

瞬時に「あ、無理やわ、絶対落ちる」

と直感した私がここで買い足したのが、仏検4級の対策本でした。

というのも『フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)』は凄く良い参考書なんですが、演習量が少なく、乗っている単語も、表現も圧倒的に少ないので基礎を知るにはよいですが、試験対策として応用できるものではなかったんですね。

このとき凄く焦り、わけもわからず4級レベルの対策本を買いあさってしまったのですが、正直検定までの間に使ったのは『楽勝!仏検4級合格講座<CD付>』の一冊だけでした。

この本は試験に出るピンポイントだけをとても的確にまとめており、無駄のない仏検対策勉強ができます。自分の体験談も踏まえて、最短で受かりたい人には、絶対にお勧めできると思います。

そこからは仏検4級合格向けの勉強という感じで、1週間ひたすらにこの問題集を解きまくりました。

当時は本当に時間だけはあったので、一日中勉強していたと思います(今思えば、なんて贅沢なんだという感じですね)。

5、見事、フランス語(仏語)検定4級に合格した♡が…

こうして社会人には到底無理な超ハードスケジュールを実行し、本番を迎えた私。見事、4級に合格することができたのでした(ぱちぱちぱち♡)

f:id:eno1081:20161123114611j:plain

で、その後私のフランス語学習はどうなったかというと…。

皆さんのお察し通りということで、今回はこの記事を終わらせたいと思います。

今年こそ勉強を再開させて3級合格するぞー!おー!

真面目な話、フランス語を独学で学んでみたいという方、時間がないと少し大変かもしれませんが、社会人でももっと時間をかけて集中すれば、仏検4級なら3か月~半年の期間でとれるのではないかと思います。新しい趣味を増やすつもりで、ぜひ取り組んでみてください!

ということで最後まで読んでくださり有難うございました。

*フランス文化に興味がある方は、ぜひフランス映画にもハマってみてください!

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net