The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

ロングツーリングの必需品!?*買って良かったバイク旅の持ち物3つ

人生初の3泊4日のロングツーリングへ

ひとり旅はスキだけど、バイクでの泊りがけツーリングは初めてだった私。

不安もあったので、それなりに事前に持ち物を揃えていったのですが

「これ、買っといてよかった~♡♡♡」

と心から思ったものと

「これ、持ってくればよかった…(泣)」

と非常に後悔したものがありました。

ということで同じように初めてロングツーリングに行かれる初心者ライダーさんと今後の自分に向けて、簡単な持ち物リストを作成しておきます。

宜しければ、参考にしてください。

ロングツーリングのために買ってよかったもの

1、スロットルアシスト

これは本当に心から買ってよかったです。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

 

以前から気になっていたスロットルアシスト、使い方も良くわからず、効果のほども確かではなかったので、ずっと保留にしていました。

けれどもAmazonのレビューが素晴らしく良いことと、お値段的にも大した額ではなかったので試しに購入してみました。

スロットアシストってなんぞや?

 実際使ってみるまで、使い方がよくわからなかったスロットアシスト。

 

これは、信号のない道をずっと直進するときなどに力を発揮するバイク運転時の右手の補助器具と考えてください。

例えば、田舎の一本道や高速道路。

バイクを動かすためにはずっとスロットルを捻っていないといけないですよね。

そうすると、力を加えていないといけないので右手が疲れてしまいます。

でもスロットルアシストを使用すると、右手の手の甲の部分が下に落ちないように支えてくれて、少しの力だけでスロットルを捻ることができるので、右手の負担が非常に軽くなります

いやこれは、ものっすごく楽になります、劇的でした!

スロットルアシストの使い方

 

使用するときは、なるべく右ハンドルの端の方に装着します。

あまり余裕がなく、しっかりと固定できるのでズレ落ちたりすることもありません。

心配だったブレーキング時の誤操作なども一切ありませんでした。

f:id:eno1081:20170723165721j:plain

▲取り付けの時は、装着後に時計回りで回しながら位置の調節をしていきます。

おすすめのスロットルアシスト紹介

Amazonで一番人気なのはラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001なのですが、もっと安いのはないかなということで私はこちらのスロットルアシストを購入しました。

数百円の違いですが、今のところ不具合はありません。

(サイズは事前に確認しておいた方が良いと思います。FTRでギリギリでした)。

スロットルアシストはこんな人にお勧め

特に私は左利き+女性ライダーということで元々体力に自信もないうえに、右手の扱いが上手ではありませんでした。

半クラよりも、ずっと苦手なのがアクセル操作でした。

しかしこのスロットルアシストを使うと、アクセルの加減を調節するのがすごく楽になるんです。

直線道路を走るだけでなく、カーブを曲がるときなどにもアクセル操作の微調整ができるようになりました

正直言って、もうこれなしではバイク乗れない

長距離ツーリングが10倍くらい楽しくなりました、大げさではなく。

それくらいに買ってよかった大のおすすめアイテムです。

2、荷物運び用ツーリングネット

これまでは日帰りツーリングだったので、荷物は小さめのリュックを担いでいました。

ただ泊りがけとなると、量も増えますし、体の負担になるのも嫌ですよね。

そこで購入したのがツーリングネット

買ったのはこちらShinobu Riders ツーリング用 8個フック付 (50×50cm) キャリングネット /ブラック LLサイズ(60L) SR-042です。

Amazonの評価を見てみると、ツーリングネットはタナックスのものが一番人気だったのですが、お値段とフックの数でこちらを購入しました。

こういったものを使用するのは初めてだったので、正直とても不安でした。

けれど実際使用してみると、すっごく便利!

ざっと感想をまとめると

  • コスパ抜群。
  • ネットが外れて荷物が落ちるのでは?と不安だったが、思った以上にしっかりと荷物を取り付けることができる。
  • どんな形の荷物でも取り付けることができる。
  • ネットを購入するなら一番大きいのが◎

といった感じです。

私は初めてだったのでよくわからず真ん中のサイズを購入しましたが、少し小さかった。これから買う人は、一番大きなサイズでよいと思います。

ツーリングネットの使い方

ツーリングネットにはフックがついています。

そのフックをバイクにひっかけて、荷物を固定するというのが使い方です。

f:id:eno1081:20170723171404j:plain

フックをひっかける場所は、とにかく硬くてフックが引っ掛かる場所でOKです。

私が買ったツーリングネットはフックが8つ付いていたので、前、後ろ、左右対象になるように取り付けました。

f:id:eno1081:20170723171534j:plain▲フックが引っ掛かる場所を探して左右対称に荷物を括り付けていくイメージです。バイクの操作の邪魔になるような場所にはつけない方がいいです。網の伸縮によって荷物を固定できます。

最初は取り付けが上手くいかず、苦労しましたが、一度コツを掴むとささっと荷物を取り付けられるようになりました。

ペットボトルのお茶なども隙間にすっとさして持ち運べます。万能です。

あと私はLにしてしまいましたが、30ℓのリュックですでに余裕がありません。LLサイズ(60×60)にすればよかったと後悔しています。

ちなみにバイクに取り付けることのできるサイドバッグやタンクバッグを購入することも考えたのですが、予算オーバーでした。

滅多なことがない限り大丈夫だと思いますが、荷物が落ちるのではないかという不安があるような人は、タンクバッグ(マグネットがついていてバイクに固定できるもの)やサイドバッグなどを検討するとよいかもしれませんね。

3、速乾タオル

ずっとほしかった速乾タオル

もっと早く買うべきでした(真顔)

速乾タオルといえば、旅好きの間ではもはや紹介するまでもない必需品。

いやいやバイク関係ないじゃん!!!

という声もありそうですが、旅の荷物を減らすという意味では、これは物凄く便利なタオルだと思います。

速乾タオルは利点しかない万能タオル

これは一度使ってしまうと、これなしでは旅に出れなく万能タオルですね。

とにかく薄い!!!

バスタオルほどの面積があるのにもかかわらず、普通のバスタオルの3分の1位の厚み。

カバンに入れられる荷物の量が圧倒的に増えます

しかも、すぐに乾くのでタオルはこれ1枚で使いまわせます。

洗っても直ぐに乾くので、連泊旅行の必需品です。

f:id:eno1081:20170723172955j:plain

▲普通のバスタオルと比較すると厚さは2分の1以下、もしろ文庫本に近い。寒いときはタオルケットとしても利用できるので、旅のお供としては最高。

もっと早く買えばよかったな、と思うこのタオル。

ちなみにロングツーリングのあと、ヨーロッパにバックパッカー旅行に出かけたのですが、私が持って行ったのはこのタオル1枚だけでした。飛行機や高速バスの中では、ブランケットとして活用することもでき、本当にこのタオルには助けられました。

ゲストハウスにいると、同じタイプのタオルを持っている旅行者ばかりでしたね。

ぜひバイク乗りの方にもその良さを知ってもらいたいと思います。

まとめ

ということで今回紹介した3アイテム

  1. スロットルアシスト
  2. ツーリングネット
  3. 速乾タオル

は、文句なしにお勧めできるものかなと思います。

もしこれから長期ツーリングに行かれる初心者ライダーさんで持ち物に不安があるという方は参考にしてくださいね。

他に必要だと思うもの(便利だったもの)

ちなみに私が既に持っていたものの中から、特に持ち物を厳選して紹介してみましょう。

携帯充電器(モバイルバッテリー)

これも旅の必需品ですね。

GoogleMap頼りのライダーさんは必ず持った方が良いと思います。

私はツーリングの際には、スマホホルダーに携帯を差し込んで、グーグルマップをナビ代わりにしてツーリングに出かけています。

ただずっと走っていると、電池の残量が気になってくることが多いので、温泉に入っているときなどに、モバイルバッテリーで充電するのを習慣としています。

ただでさえ余裕のないツーリングなのに、携帯の電池が切れて道に迷うなんてことがあったら大変ですからね。

日常生活でも役に立ちますので、絶対に持っておいた方がいいと思います。

ストックバッグ(100均)

ジップロックをはじめとするストックバッグは、旅行をする際に大変便利です。

私は下着や靴下なども、ストックバッグに分類してカバンに詰めることで容量を減らすことができます。気軽に捨てて、新しいのを使えるというのも利点です。

また雨が降ってカバンが濡れたときも、中身をぬらさずに済みます。

濡れたタオルなどを入れるのにも便利です。

ビニール袋よりも嵩張らず、中身が透明ですぐにわかります。おすすめです。

ジップロック ストックバッグ Lサイズ 14枚入 ジッパー付き保存袋 冷蔵・常温保存用 (縦27.3cm×横26.8cm)

ジップロック ストックバッグ Lサイズ 14枚入 ジッパー付き保存袋 冷蔵・常温保存用 (縦27.3cm×横26.8cm)

 
 絆創膏

けがの手当てをするための道具はもっていった方が良いです。

私は100均で購入した絆創膏を各種、かばんに入れています。安心感が違います。

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 ウォーターブロック 40枚

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 ウォーターブロック 40枚

 

ロングツーリングで持っていけばよかったもの

今度は逆に、もっていけばよかったと後悔したものも紹介してみます。

雨合羽

雨の予報がなかったので持たなかった。

しかし山の天気は変わりやすく、途中大雨に見舞われる。必ず持っていきましょう。

ガムテープ

途中、山道で転倒してウインカーランプが破損しました。ガムテープがあれば補強できたのにと後悔。何もないのに越したことないですが、何があるかわからない。

f:id:eno1081:20170723174525j:plain

次回は、少しばかりちぎったものをクリアフォルダなどに貼って、もっていこうと思いました。

結局、ロングツーリングに必要なものって?

ということでロングツーリングを決行してみて、これは必要だなあと思ったものをまとめてみました。

結局必要なものは、一人旅をするときとあまり変わりはないのかもしれません。

あとはトラブル対処のための道具が必要となるのですが、どこまでのものを持っていけばいいのか、探り探りですね。

とりあえず、今後も反省を重ねて、一番ベストな持ち物というのを知っていきたいなと思います。

しかし荷物は増えるけれども、ロングツーリングは楽しかったです。

日帰りよりもずっとずっとずーっと楽しかったです。

また旅の感想もまとめていきたいと思います。

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

 

f:id:eno1081:20170723174916j:plain