The Cat's Pajamas

一人旅好きの趣味ブログ

台湾旅行の必需品*絶対に必要な持ち物を3つ紹介!

SPONSORED LINK

台湾旅行に絶対にもっていきたいもの3つ!

今回の記事では台湾旅行に行くならば絶対に持っておきたい持ち物を3つ紹介します。これから台湾旅行に行くという方は、今から挙げる持ち物をきちんとカバンに詰めたかどうか確認してくださいね!!!

台湾の買い物事情

台湾では、日本の地方に旅行に行くのと変わらない感覚で、旅を楽しむことができます。

何故なら町のいたるところにセブンイレブンやユニクロがあり、必要なものがあれば、現地ですぐに調達することができるからです。

でもわざわざお金を払うのはもったいないし、日本でもっと安く調達できるものがあります。

1、台湾では「折り畳み傘」が超便利!

台湾は雨が多い場所です。つまり傘が必需品です。

旅行前日に私は、最寄りの駅にあるダイソーで150円の折り畳み傘を買い、かばんに詰めていきました

相当役に立ちました。

この傘なかったら、どうする!?

というくらい毎日のように傘を開きましたね。

台湾に行く方は絶対に折り畳み傘をもっていきましょう!

f:id:eno1081:20160327194811p:plain

ちなみに九份は完全に傘の道になっていました。

観光地では傘も売っていますが、以上に高いです。折り畳み傘の方が、持ち運びには便利ですよ。

ちなみに100均の折り畳み傘は、とても使い勝手がよく、思ったよりも丈夫でびっくりしました。おすすめです。

他にも雨除けのレインコートがあると楽だとは思います。

最近はデザインの可愛らしいものも多いので、ぜひチェックしてみてください。

足元もお洒落なレインブーツにするという手もあります。

 旅行はあくまで服装の機能性を重視しながら、ファッションも楽しめると良いかもしれませんね。

2、公衆便所で欠かせない「ポケットティッシュ」

ネピア 鼻セレブ ポケットティッシュ 24枚入 16個

ネピア 鼻セレブ ポケットティッシュ 24枚入 16個

 

日本のトイレ以上に高性能のトイレを海外で見かけることは絶対にありません。

台湾の公衆便所は基本、トイレットペーパーがない(あればラッキー)ので、必ずポケットティッシュを持参していきましょう。

こういうとき、町でポケットティッシュを配っている日本って凄いなあとしみじみします。

ちなみに私が宿泊したミニインという宿には紙がありました!びっくりです。

f:id:eno1081:20160327194911p:plain

東南アジアに旅行に行く際は、台湾でなくとも常にポケットティッシュを携帯しておくとよいと思います。

ちなみに「台北でおすすめの駅近ゲストハウス「ミニイン」の紹介と一人旅宿探しのコツ」という記事に私宿泊したミニインという宿の紹介もしています。

www.nekopajamas.net

ゲストハウス探しのコツについては「女一人旅の宿(ゲストハウス)選び*バックパッカーに役立つ宿選びのポイント」という記事も書いていますので、ぜひ一人旅をする際は参考にしてください。

www.nekopajamas.net

3、防寒着(セーターもしくはジャケット1枚)は必要

台湾のバスは冷房が異常に強くかかっている場合があります。

体を壊さないためにセーターを一枚羽織れるように持参していくのがベストです。

ちなみにカンボジアで真夏の太陽を味わった私は、台湾もてっきり南国のような場所だと思っていました。

しかし3月の台湾は日本と変わらない(いやむしろ日本より寒い)日が続いていました。

私は寒がりですので、強風にあおられながらガタガタと震えていたほどでした。

Tシャツなら現地でも買えますが、セーターやジャケット類は値段もありますし、持参していった方がよいと思います。

寒い日もあれば、暖かい日もあるという感じで安定しない天気が続いているのが印象的でした。

台湾に行く際は色々なタイプの服を持参していくとよいかもしれませんね。

おまけ*「胃薬」はやっぱりあると心強い

海外に行くときは必ず持っていく「胃薬」です。

【第2類医薬品】第一三共胃腸薬〔錠剤〕 50錠

【第2類医薬品】第一三共胃腸薬〔錠剤〕 50錠

 

台湾では食べるという行為の比重が大きいので、もっていった方がよいと思います。

美味しいものが多かったですが味が濃い分、胃の負担も大きそうな料理が多かったです。

また屋台の売り物を食べて、少しお腹が痛くなりました。

参考にしてください。

もっていかなくて良かったもの

wifiルーター

ホテルでwifiがつながれば、事前に行きたい場所の道や駅を調べれば困ることはありませんでした。

道やカフェなどでもつながる場所があり、快適に旅をすることが出来ました。

ただし一度迷子になって、通りすがりの台湾の男の子に助けてもらいました。

それも良い出会いになりましたので由としています。

が、助けてもらえてなかったら、一体どうしてたんだろう…?

人によると思いますが、6日間の旅行だと、結構お金がかかってしまうので、節約してよかったです。

ただ台北から出る予定がある方や、どうしてもwifiがないと不安という方は海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>などのサービス事前にネットで予約をして、空港ですぐに受け取りができるように準備してお来ましょう。

事前予約は割引などの特典があります。

しかし当日レンタルは時間もありませんし値段も高くなるし、個人的にはおすすめできません。

WiFiに関しては、後日詳しくまとめましたので宜しければ、私がWiFiルーターを海外旅行に持っていかない4つの理由という記事を一読ください。

www.nekopajamas.net

サンダル

100均でわざわざ買っていきましたが、寒すぎて使う場面がありませんでした。

スニーカーで濡れてしまっても強行突破という感じでした。

荷物が増えてしまうだけですので、わざわざ持っていかなくても大丈夫です。

海外旅行保険

持ち物じゃありませんが、入らなくても無事に帰ってこれました。

これは人によるとも思います。

カンボジアでは、例えば車が100回ほどクラクション鳴らしてるのが常というような場所で、死という概念がふと脳裏を過ることが無きにしも非ずでしたが、台湾は治安に心配することはありませんでした。

あまりビクビクしないで、堂々と街を歩くことをお勧めします。

どうしても海外旅行保険に入らないと不安という方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用することをお勧めします。

無料のカード(おすすめは海外旅行保険に特化しているエポスカード)を2枚ほど持っていれば、何も問題ないでしょう。

www.nekopajamas.net

比較的治安も安定していますし、短期で旅行できる台湾に行くのに、海外旅行保険にいちいち加入していては、お金が勿体ないと思います。参考にしてください。

まとめ

ということで台湾旅行で絶対にもっていくべき持ち物は

  1. 折り畳み傘
  2. ポケットティッシュ
  3. 薄手の羽織れるカーディガンなど

の3つでした。

ちなみに私はどんな旅行に行く際も

  • スニーカー
  • ウエストポーチ
  • 爪切り

は絶対にもっていきます。

お洒落をしたい気持ちもわかりますが、足を痛めないことが旅行では何より大事ですので、履きなれたスニーカーを使いましょう。

荷物もできるだけ少なめにするのが良いですし、犯罪に巻き込まれないよう荷物の管理がしっかりとできるウエストポーチを愛用しています。

女一人旅のバックパッカー*「絶対に役立つ」旅の持ち物をまとめて紹介という記事に旅の持ち物を紹介しているので、ぜひ参考にしてください、

www.nekopajamas.net

女性の一人旅で治安を気にするようであれば、華美な格好はせず、歩きやすい服装でいるに越したことはありません。

それから台湾に限りませんが、旅行に行く際は自分がBooking.comで予約したホテル情報を紙で印刷して持っていきます。その方がやはり安心しますからね。

初めて海外に行くという方で台湾を選ぶ方は、おびえる必要はありませんが、やっぱり国外ですし何があるかはわかりません。

羽目を外し過ぎず、ぜひ自由に海外旅行を楽しんでくださいね。

f:id:eno1081:20160327195532p:plain

補足*個人旅行の手配の仕方

以下の記事に航空券と宿の手配の仕方・航空券検索サイト比較をまとめてみました。

気になる方はぜひ一読ください。

www.nekopajamas.net

ちなみに結論としては skyticket.jpという大手の航空券検索サイトが一番信頼できるというものです。

宜しければ参考にしてください。

台湾行きの航空券を検索

 

skyticket.jp

*台湾旅行に関する記事はほかにもあります。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net