【絶対に役立つ】バックパッカーが厳選する「旅の持ち物」まとめて紹介

海外旅行の持ち物(バックパッカーの必需品紹介)

今回の記事では、これまでのバックパッカー旅行を振り返り、「絶対に必要だ」と感じている旅の持ち物を、徹底的にまとめたいと思います。

ちなみに今回の記事では

  1. パスポート
  2. 飛行機のチケット(予約済み)

は持ち物の大前提として紹介しません。

※旅行前に必要なチェックポイントは、下の記事にまとめていますので、海外旅行に慣れていない方は参考にしてください。

【必要最低限】海外旅行に出かける前のチェックポイント10

それでは、見ていきましょう!

1、スリ防止に最適「スキミング防止付・ウエストポーチ」

今年の夏、ヨーロッパ周遊するために購入したのです。

もっと早くに購入しておけば良かったと非常に後悔しました。

これは、今年のAmazon買ってよかったものランキングを作るとしたら、間違いなく

暫定1位

それくらい役に立つ旅のお役立ち道具です。

f:id:eno1081:20190507192811p:plain

▲私は現在「セキュリポ」と「MYCARBON」2つのセキュリティーポーチを所有しています。前者の方がサイズが少し大きめです。

このウエストポーチの素晴らしい点は限りなく「薄くて軽い」ということ。

上から服をかぶせれば、つけているのがわからないくらい!

体の負担は一切ないので

  • 貴重品が心配なら、寝てるときでも着用可
  • 通気性良い
  • =夏でも汗まみれになることナシ
  • 大きな荷物を背負っていても邪魔にならない

など

使い勝手のよさ満点

です。

海外旅行以外にも、スポーツやアウトドアで手に荷物を持ちたくないときに、貴重品を入れるポーチとして重宝します。

海外旅行で大事な「スリ対策」について

余談ですが、うちの父親は昔パリでスリにあったらしく今でも

  • 「パリは汚くて、危険だ」

と言います。

折角の旅行で嫌な目に遭い、その国や街が嫌いになってしまうというのは本末転倒。

でも、よくある話ですよね。

友人は以前、ヨーロッパでカバンの置き引きにあい、パスポートとお金全額とクレジットカードと携帯、その他すべてを一度に失って大変な目に遭ったと嘆いていました。

(二度と海外には行きたくないそうです)

スリや置き引きをするのはいけないことです。

しかし、被害に遭う側にも油断やスキがあるという場合も非常に多いです。

海外旅行先では、

  • 大金は持ち歩かない
  • 貴重品の入った鞄を足元に置かない
  • 目の届かない場所に放置しない
  • バッグやリュックサックの外ポケットに貴重品を入れない
  • ズボンやジャケットのポケットに貴重品を入れない
  • 口の閉まらない鞄を使用しない
  • 高級ブランドの服やかばんを身に着けない

という対策が考えられます。

スマホに関しても、東南アジアでひったくりに遭ったという話を聞くので

  • スマホを店の机の上に放置ししない
  • スマホを見ながら街歩きしない
  • ⇒奪い取られないくらいの力で握る
  • ⇒ストラップホルダーを使用して首から下げる

という具合に警戒しましょう。

このような対策を行うのに絶対に欠かせないのが、貴重品を肌身離さず収納することができ、スリ防止対策になる、ウエストポーチの存在です。

ハッキリ言って、あるのとないのでは

旅の安心感が段違い

鞄に貴重品を入れていない安心感から、心も体も軽くなります。

人混みなどにもまれてもスリの心配は無用です。

下の写真で見ていただくとわかると思うのですが、収納スペースもしっかりあります。

f:id:eno1081:20170912182337j:plain

私は下着(キャミソール)の上から、このウエストポーチを巻き、上からTシャツで隠すようにして使用しています。

そして、パスポートや携帯やクレジットカードは必ずこの中に片づけるというルールだけは絶対に守って旅行します

また、海外旅行時には財布は使用しません

  • 「この中にお金が入っています」

と相手に見せて知らせるようなものなので、財布そのものをもっていかないことにしています。

下の写真のように少量の小銭とお札だけを外側のポケットに入れ、つまんですぐに取り出せるようにしています。

f:id:eno1081:20170912182302j:plain

ちなみにパリの露店で水を買った時、私がすっと服の下から小銭を取り出すと、店員の綺麗なお姉さんが非常にびっくりした顔をして

「ワーオ♡」

と反応してくださいました。

男だったら調子に乗って思わずナンパしてしまったかもしれません。

ちなみにパスポートは有事の時に備え、肌身から放しません。

パスポートの出し入れも、リュックにいちいち収納するよりも、ウエストポーチの方が楽。

ゲストハウスでの身分証明や飛行機でパスポート番号の記載事項があるとき、とてもスムーズでした。

(私はポケットにボールペンもいれていて、すぐに書けるようにしています)

今後も海外旅行に行くときは、ウエストポーチを欠かさず持っていくと思います。

胸を張って、おすすめしたい持ち物です。

ちなみに現在、私が愛用しているのは此方のセキュリティポーチになります。

ベルトの長さも調整できるので、十分レディース対応だと思います。

※セキュリティポーチの詳細や、選び方に関しては「セキュリティポーチのおすすめな選び方【使用レビュー】」という記事に詳しいので、一読ください。

海外旅行の神器!セキュリティポーチのおすすめな選び方【使用レビュー】

2、タオルはこれ1枚で十分*「速乾タオル」

次に紹介するのは、お気に入りの「速乾タオル」です。

文字通り、すぐに乾きます。

軽くて、嵩張らないという旅の必須アイテムです。

私は速乾タオルが大好きです。

国内で温泉に行くときにも、ツーリング旅行に行くときにも、必ずこのタオル1枚だけを鞄に入れていきます。

すぐ乾くので、洗って一晩干せば、次の日もまた使えます。

f:id:eno1081:20170723172955j:plain

 ▲普通のバスタオルと比べると、厚みが雲泥の差。むしろ文庫本に近しいサイズ。

荷物をもって色々な場所に訪れるとなれば、なるべく余計なものは持っていきたくないです。

バスタオルは、ゲストハウスによっては無料で貸し出しをしてくれる施設も少なくありません。

なので何処に行くにも、これ1枚あれば十分だと思います。

またこのタオルの素晴らしい点は

  • 薄くて一見タオルには見えない
  • ひざ掛けなどにも多用できる

という点です。

海外では、バスの中が空調が利きすぎて寒いということがあります。

急な基本の変化に服装が対応しきれないということもあります。

しかし、このタオルを持っていれば、さっとリュックのポケットから出して羽織ることができます。

ちなみに私はドイツのバス停で深夜雨に打たれ死にかけの濡れドブネズミみたいになったのですが、このタオルのおかげで暖を取ることができました。
f:id:eno1081:20180203220809j:image

▲ドイツで寒さにがくがく震えながら、帰国後のブログでこのタオルの素晴らしさを訴えようと思い撮影した写真。見直すと、状況が全く伝わらない写真ですが、とにかく愛用していたということです。

※写真付きの速乾タオル詳細レビューもありますので、参考にして下さい。

速乾タオルのおすすめ愛用レビュー!旅行・温泉・スポーツに超便利!

3、世界どこでも対応可能*「旅行用マルチ変換プラグ」

次に紹介するのは「マルチ変換プラグ」です。

日本以外の国で、普段使っている縦二穴のコンセント用品を充電するのに使用します。

軽くて、スタイリッシュで、機能性は抜群です。

日本の縦二穴コンセントはAタイプのコンセント。

でも国によって、Bタイプ、Cタイプ…とコンセントの形状が違うことは多々あります。

訪れた国のコンセントの形状が異なり

  • スマホが充電できない…!

なんてことになってしまったら一大事です。

この変換プラグの凄い処は、ルービックキューブみたいに形をカシャカシャと変化できることです。

これ1つで、あらゆる国のコンセントに対応させることができます。

個人的に大のお気に入りですね。

  • デザインもクールで機能的でカッコいい
  • 非常に軽くて持ち運びが楽

全く荷物にならず、リュックのポケットの中にぽんと収納していました。

さらに側面に

  • USB充電に便利なポート

がついています。

これが付いていると、直接スマホの充電コードをつなぐことができるので、とても便利です。

ヨーロッパだけでなくあらゆる国の旅行で対応できますし、一度買えばその後の海外旅行が楽になります。

2000円もしない出費なので、1つ手元に持っておくことをおすすめします。

変換プラグと変圧器の違いなども、すべて下の記事に詳細にまとめています。海外旅行初心者は必読です。

【海外旅行に超おすすめ】マルチ変換プラグの魅力を徹底解説【使用レビュー】

4、コスパ抜群*旅行用「バックパック」

バックパッカーの相棒になるバックパック!

購入時にチェックしたポイントは

  • 軽くて、ポケットが多い
  • 背中にクッションがついていて、負担が少ない
  • 腰を支えるベルトがついている
  • 雨除け用のカバーが付属している

といった点です。

購入したのが、下のバックパックなのですが、これが大満足

5000円を切るお値段とは思えないコスパの良さでした。

安価なバックパックに関しては、下の記事にピックアップして紹介しているので商品選びの参考にしてください。

そもそもバックパッカーの魅力って何?

バックパッカーは英語で書くと「backpacker」

「back」というのは「背中」なので、背中に荷物を背負って旅する人のことです。

一般的には

低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉

(wikipediaより引用)

になります。

海外に荷物を運ぶ手段として、スーツケースを第一に思い浮かべた人もいらっしゃるかもしれません。

私も最初に海外旅行に出かけたとき、山ほど荷物が詰めれそうな大型のスーツケースを購入した記憶があります。

しかし空港でスーツケースが出てこず、ちょっとした騒ぎになりました

もう、気分は最悪でしたね。

結果的に荷物は手元に戻りましたが、あの時は不安で仕方なかった。

以来「空港で荷物を預けないようにすること」を海外旅行の前提にしています。

ただし女性の場合、重すぎる荷物を背負うのは、負担が大きいので

  • 30ℓ~45ℓのバックパックでちょうどよい

のではないかと思います。

バックパックは楽ですよ!

移動の時は背負っていた方がスイスイ動けますし、坂道も階段も苦がありません。

  • 1か国長期滞在ならスーツケース

が良いと思いますが、限られた期間に

  • 何カ国も周遊
  • 何都市も移動

するのであれば、バックパックの圧勝ですね。

※バックパックの選び方に関しては「海外旅行で使えるバックパックの迷わない選び方」という記事に全てまとめました。購入時の参考になるかと思います。

海外旅行で使えるバックパックの迷わない選び方【初心者女性バックパッカー向け】

5、これが無いと旅行できない!「クレジットカード」

クレジットカードは絶対に必要な海外旅行の持ち物です。

普段日本にいると、あまりカードの必要性を感じない人もいるかもしれません。

でも海外(特に欧米圏)では、我々外国人旅行者にとって

  • クレジットカード提示=身分証明

と考えてください。

f:id:eno1081:20190415132227p:plain

例えば、下の画像は「booking.com」でパリのホテルを「クレジットカード不要」で検索してみたものです。

予約できるホテルは1件だけでした(笑)

f:id:eno1081:20190415130345p:plain

予約するときだけではなく

  • 到着後デポジットとしてカード提示を求められる

こともあります。

なので海外旅行ではパスポートと同等、クレジットカードも重要な持ち物なんだと知っておいてください。

クレジットカードは金銭管理の面でもメリットが多く

  • 紛失盗難しても直ぐに止められる
  • 大量の現金を持ち歩くよりはるかに安全

なので、非常に重宝します。

何かあったときは、電話番号をノートなどに控えておけば、カードはすぐに止めることができます。

現金を大量に持ち歩くよりも、クレジットカードを2~3枚持ち歩く方が絶対に安全ですし、使い勝手が良いのは間違いないでしょう。

▼旅行時のお金の管理に関しては、下の記事にまとめています。

海外旅行の貴重品管理はどうすべき?私が実際にしてる「お金の管理方法」5つ

そのうえ

  • 海外旅行保険に対応しているカード
  • ポイントが貯まるカード

を選ぶことで、旅の費用を浮かすこともできるんです。

この点も、少し説明しておきます。

旅行保険を考慮したカードの選び方について

ご存知の人も多いかもしれませんが、旅行保険に注目したカードの選び方は

  • 死亡保険よりも傷害治療や疾病治療費用に注目

するのがポイントです。

例えば、カンボジアに旅行している際、サルにかまれて治療費で200万円請求された中国人旅行者の話をガイドさんに聞きました。

Brown Monkey

もし保険に入って無かったら、ヤバすぎる額ですよね。

つまり死亡保険の額が億単位であっても、死んでからでは意味がない。

  • 病気やけがの治療で使える保険が必要

なんです。

例えば、旅行者に人気のクレジットカードの中に

という有名な無料カードがあります。

f:id:eno1081:20190402210234p:plain

エポスカードは旅ブログなどで必ず紹介されている人気クレカの1つなんですが、その理由は

  • 海外旅行保険で最も重視しなくてはならない疫病保険の額が高い(270万)

からです。

ちなみにクレジットカードの疫病・傷害保険は

  • 持ってるカードの分はすべて合算できる

ので世界一周旅行者など、トランプの手札のようにクレジットカードを持っている人も多くいます。

ちなみにすべてのクレジットカードに海外旅行保険が付いてくるわけではないです。

年会費有料でも、海外旅行保険が付いていないクレジットカードもあります。

でもエポスのように無料でも、有料カード並みに保険が付いてくるカードもあります。

だから必ず旅行前に

  • 自分の持っているカード付帯の海外旅行保険

はチェックしておきましょう。

個人的に「エポスカード」は非常におすすめです。

そもそも無料のクレジットカードですから、永久に使える海外旅行保険がタダでもらえるようなものです。

※ポイントバックキャンペーンに関しては変更の可能性もあるので、詳細情報に関しては必ず公式HPで確認ください。


エポスカードの詳細はこちら

※クレジットカード付帯の海外旅行保険に関しては「絶対に必要な海外旅行保険を安くする!無料クレジットカードの保険節約術とは?」という記事に基本をまとめています。

海外旅行保険で得する!無料クレジットカードの保険節約術とは?

6、もしもの際の必需品*Anker「モバイルバッテリー」

モバイルバッテリーは、国内外問わず旅行の時は役立ちます。

私が持っているものは、Ankerの少し古い型の小型モバイルバッテリーなのですが、ずっと愛用していて、大変役立っています。

このバッテリーを充電しておけば、携帯2回分ほど充電が可能です。

軽くて持ち運びの負担にはなりません。

普段から持っていて損することはありません。

カメラや地図機能で携帯を多用する可能性が高いので、1つ必ず購入しておくことをお勧めします。

>もう迷わない旅行用モバイルバッテリーの選び方

もう迷わない!海外旅行用モバイルバッテリーを選ぶときの注意点

7、日本で買っておくと役立つ*「南京錠」

南京錠は最低でも1つ持っていくことを強くお勧めいたします。

例えばゲストハウスの相部屋で荷物を収納するときに、カギをかけておく。もしくは鞄を肌身から話すときに利用する。

本当に色々な場面で活用できますし、安心感があります。

f:id:eno1081:20180726090732j:image

大した金額ではないので日本で購入しておくのが◎です。

防犯は徹底して損することはありません。

※この点に関してはゲストハウスでのバッグ管理状況など、下の記事でかなり詳細にまとめているので、気になる方は一読下さい。

スリは未然に防ぐ!海外旅行で観光するときオススメの装備(バッグ)は?

治安が不安な地域に行くなら…

もし、旅行する地域が

  • アフリカ
  • 南米

など治安の不安なエリアでしたら「パックセーフ」の存在を知っておくとよいでしょう。

少し値段が高めですが、世界一周旅行者の多くが「これ以上の防犯対策はない」といっているトラベルグッズの1つです。

8、非常に役立つ「神アプリ」*Google Map

もう一つ最後に、海外旅行に欠かせないものを紹介しておきます。

  • オフラインマップ

です。

これ、案外知らない人多いんですよね。

悪いことは言いませんから、必ず

  • Google Map
  • Maps.Me

の2つの無料アプリはダウンロードしておきましょう。

「Google Map」は既にダウンロードしている人が大半だと思いますが、オフライン機能があることを知っていましたか?

意外と知らない?海外旅行で超便利なGoogleマップ「オフライン機能」の使い方

Google Mapは事前に範囲を決めて、その地域のオフライン地図をダウンロードすることができます。

それさえしておけば、wifiが通っていない状態でも、事前にダウンロードした周辺地図の確認をすることができます

つまりネット要らずで、地図見れて、現在地も確認できるんです。

控えめに言って

超便利

ですよ。

私はこの機能がなければレンタルWiFiせずに、ヨーロッパをふらふら一人旅などできませんでした。

(宿の無料WiFiのみ使用して、SIMも一切買いませんでした)

バリバリのデジタル世代ということもあり、オフラインマップなしの海外旅行は、正直考えられないですね。

私は使い勝手の良いグーグルマップが好きですが、東南アジアには対応していない国もあるので、Maps.Meも併用しています。

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MY COM無料posted withアプリーチ

※詳しいことは、下の記事に全部まとめてみました。オフラインマップ知らない人は必読です。

無料で使える旅の神アプリ!「Maps.Me」オフラインマップの使い方

レンタルWiFiがないと不安という方は、下の記事を参考にしてください。

これで安心!海外レンタルWiFiの迷わない選び方【容量別・プラン比較】

次は絶対とは言いませんが「できれば」あったほうがいいと感じるものを紹介します。

海外に行くなら「できれば」持って行った方がよいもの

飛行機の中で役立った「耳船」

耳船は1つ持っていくと大変便利です。

飛行機の中で仮眠をとるときや、相部屋で煩く眠れないときなどに大変役に立ちます。

高いものではないので、購入しておくことを強くお勧めします。

ちなみに私はアイマスクとセットになっているものを購入しました。

更に私の場合は、ネックピローを持参します。

おすすめはAmazonで人気のエアー式ネックピローです。

これ1つあるとフライト時の負担がとても軽くなります。

f:id:eno1081:20190412133632j:plain

ネックピローは必需品ではないですし、合う合わないあると思います。

気になる方はぜひ参考にしてください。

Amazonの「ネックピロー」が海外旅行におすすめな理由【口コミ大人気も納得】

忘れると地味に困る*「ビーチサンダル」

海外ゲストハウス宿泊で必要なのに忘れてしまいがちなのが、サンダルです。

日本のように外履きを玄関で脱ぐ習慣がないので、必要不可欠なんです。

私はヨーロッパ旅行でサンダルをうっかり忘れてしまい、しまったと何度も思いました。

例えばシャワー室に行くときにサンダルがないと、運動靴を裸足で履いていくことになってしまいます。

宿の中をうろうろしたいときも、いちいち靴を履かないといけないので面倒でした。

おすすめは後日、購入したこちらの収納式サンダルです。

トラベル用サンダルの写真

実際に利用してみて、人にすすめたくなる商品だなと思いました。

軽くて、たためて、持ち運びが超楽です。

レビューも書いていますので、ぜひ参考にしてください。

【大感動】海外旅行で便利な薄型軽量サンダルの魅力【使用レビュー】

荷物の整理が断然しやすい*透明な「衣類圧縮袋」

透明な袋に下着、衣類などを分類していくのは大切なことかと思います。

特に荷物を一つのバックパックに詰める場合、中がごちゃごちゃしないようにまめに整理しておかないと、移動するたびに負担が増えていくからです。

ちなみに私は100均の似たような保存袋を使用しましたが、問題ありませんでした。

>海外旅行で役に立つ!おすすめの100均トラベルグッズ6選

海外旅行で便利な100均トラベルグッズなんてあるの?【答えは商品による】

ガイドブックは買った方がいい?

ちなみに旅行と言えば、至れり尽くせりガイドブック。

今は、最新の情報がネットには沢山転がっているので

  • 自分でネットで検索すれば情報を十分に収集することができる

と思います。

ガイドブックを見ながらきょろきょろ歩いているのは、むしろ土地に不慣れだとアピールするようなものなので、海外では危険ではないかと個人的に思います。

食事においても海外旅行は、日本と異なるものを食べれるというだけで1つ楽しみがあります。

お腹が空いたと感じたときに、直感でレストランを選んで、成功するも失敗するも含めて、楽しむというのが個人的には好みです。

f:id:eno1081:20171210200244j:plain

▲ふらっと入ったレストランが非常に美味しかった時の感動は一入です。

非英語圏の旅行であえて購入するなら、旅の指さし会話帳シリーズとかでしょうか?

英語は通じても、やはり現地の言葉を覚える方が旅行は楽しいと思います。

ガイドブック的なものなら

  • 地球の歩き方

が、やはり情報量ではピカ一だと思います。

また、主要な観光地を把握したいときのオススメな裏技方法があります。

それは

です。

気づいていない人も多いと思うのですが、Amazonプライム会員なら多くのるるぶ(電子版)を無料で読むことができます。

この機能は、複数の国を周遊するバックパッカーには、本当におすすめです。

オフライン機能を使ってダウンロードもできるので

  • ネット環境がない場所でも読める

というのも大きいと思います。

私は最近旅行中の手引きとして、日本で事前にダウンロードしてスマホから観光情報がチェックしています。

詳しくは下記事にまとめているので、ぜひ参考にして下さい。

最新「るるぶ」が読み放題!おすすめの電子書籍(雑誌)サービスを比較

まとめ

ということで、今回はバックパッカー旅行を何度かしてみて、必用だなと感じた持ち物をまとめてみました。

自分のためにもリストを作っておくと、服や化粧品を除けば

  • パスポート
  • セキュリティポーチ
  • 速乾タオル
  • マルチ変換プラグ
  • 観光時に使うショルダーバッグ
  • 保険に特化したクレジットカード(2~3枚)
  • 南京錠
  • 耳船
  • アイマスク
  • サンダル(ゲストハウスで使用)
  • 胃薬
  • パスポートのコピー(パスポート紛失時に必要)
  • 日焼け止め
  • 充電器(コード)
  • 洗濯ばさみ
  • 少量の洗剤
  • コンタクトレンズ液(予備コンタクト)など
  • 歯磨き(粉)

といったところでしょうか。

時計や帽子など、失くしやすいものは、あえて安物を持って行くのも◎です。

あと私は

  • 爪切り
  • 耳かき

も必ず持っていきます(笑)

また、絶対に必要とまでは言いませんが

  • 雨具

はあると地味に便利です。

海外旅行に「雨具」は必要?折り畳み傘やカッパを選ぶ前に知っておきたいこと

邪魔になるから要らない派だったのですが、やはり雨で立ち往生することが何度かあり、軽くて簡易的なものは持って行っても良いかなと思うところがあります。

また今回の持ち物リストに、WiFiルーターを入れなかった理由に関しては下の記事を参考にしてください。

>>私がWiFiルーターを海外旅行に持っていかない4つの理由

個人的なおすすめは「カメラ」に拘ること

それから、折角の旅なのでお気に入りのカメラがあると良いと思います。

私はリコーのGRというコンデジを使用しています。

一眼レフという選択肢もありますが重くて体力がもたないと思い、250g以下の高級コンデジを選びました。

当ブログの旅行写真は、ほぼすべてGRⅡで撮影しています。

最近は一眼レフでなくても高性能のカメラが多くあります。

下記事に、女性におすすめな旅用の軽量カメラをまとめていますので、よろしければカメラ選びの参考にしてください。

軽くて高画質!絶対に失敗しない旅行用カメラの選び方|女性向け

東南アジア旅行なら?

他にも、東南アジアに行くのであれば

  • マスク
  • ウエットティッシュ

が必要になります。

砂埃が酷いので、トゥクトゥクに乗っているときにマスクがあると便利なんですね。

食事前に手を拭くと真っ茶色になりますから、ウェットティッシュも必需品。

国によっては、トイレ用のポケットティッシュも必要ですよ。

記録を残すと次回の旅行に活かせる

あと私はノートを1冊持っていき、そのノートに必要なこと(カード会社の電話番号、各種サービスの値段など)を適宜メモします。

携帯電話は便利ですが

  • 何か紙に書ける用意をしておくと便利な場面も多い

と思いますよ。

駅の窓口で切符を購入するときなど、行き先を紙に書いて渡すと安心感があります。

旅先で出会った方には

  • 旅の途中で仲良くなった人にコメントをもらって旅ノートに保存している

という人もいました。

さらに言えばお金の管理については旅行前に、家計簿アプリを事前にダウンロードして

  • 使ったお金(日本円:現地値)
  • 食費、宿泊費などカテゴリー別に分類

してメモすることが多いです。

旅行に行く前はわからず、不安ということもあると思いますので、こういった記事が少しでも旅行者の参考になれば幸いです。

f:id:eno1081:20170804182547j:plain

*旅行の手配について

最後に、旅行の手配に関しては

  • 旅行会社のパッケージツアーなど
  • 個人手配

の2パターンです。

パッケージツアーは宿泊代・食費込みでお得になることもあるので、大手二大旅行会社のキャンペーンなどはチェックしておくと◎だと思います。

H.I.S(エイチ・アイ・エス)で海外・国内旅行を検索

JTBで海外旅行を検索

ちなみに今回、旅に絶対に必要な持ち物の1つである

  • 航空券(飛行機のチケット)

を予約する方法は、航空券の手配をする方法【航空券検索サイト比較】という記事に全部まとめています。

海外旅行の個人手配は意外と簡単!自力で航空券を手配する方法

*お得なホテル予約方法は?

ホテル予約は、私の場合

を利用します。

東南アジア旅行であれば「Agoda」を選びます。

宿の数が多いし、セールも多く、他サイトよりも得だからです。

ヨーロッパ周遊時は「エクスペディア(expedia)」「Booking.com」の二強でした。

自分の旅行する地域によって、使うサイトも変えてみると良いですよ。

それでは、最後まで記事を読んでくださり有難うございました!

*今回紹介した旅行グッズ

▶セキュリポ セキュリティポーチ

▶Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 2枚セット

▶TSA鍵 安心 ワイヤータイプ 2色セット

▶Anker PowerCore 10000モバイルバッテリー

▶海外 変換プラグ コンセント 変換

▶エポスカード

初めてのバックパッカー旅行を応援する記事

海外旅行保険で得する!無料クレジットカードの保険節約術とは? 本当に必要?私がレンタルWiFiなしで海外旅行をする4つの理由 海外旅行用メインバッグの選び方|容量・形・サブバッグとの違いは?

トラベルグッズ記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。