海外旅行で使えるバックパックの迷わない選び方【初心者女性バックパッカー向け】

海外旅行向けバックパック(リュック)の選び方

今回の記事では

  • これから人生初のバックパッカーしてきます!
  • リュック1つで海外旅行に行きたいです!

という方のために、初めてのバックパッカー旅行準備の参考になるようなリュック選びのコツについてまとめたいと思います。

f:id:eno1081:20190323130616p:plain

ちなみに私は

  • 女性
  • 168cmくらいの細身
  • 体力に全く自信ない

という虚弱な人間です。

なので同じように体力に自信のない女性よりの記事になるかと思います。

宜しければ、旅の準備の参考にしてくださいね。

1、スーツケースVSバックパック

旅行のスタイルは人それぞれなので、正解はありません。

そのうえで私がバックパックを支持するのは

  • 階段や坂道でスムーズに動ける
  • 素早い移動が可能
  • 機内持ち込みでロストバゲージを防ぐ
  • スーツケースは油断して手から離す(置き引き)危険性アリ

といったメリットがあるからです。

昔、フィリピンに旅行に行った際、巨大なスーツケースに沢山荷物を詰めて出かけたことがありました。

しかし到着後

スーツケースがなぜか出てこない…

その時は無事、荷物を手に入れることができましたが、不安な気持ちで2時間近く、空港で荷物を待ち続けた記憶があります。

以後、身から荷物を離す必要なく旅できるバックパックを好んで利用するようになりました。

  • 1か所に拠点を決めて長期滞在する

のであれば、荷物も増えるでしょう。

移動もしないわけですから、確実にスーツケースを選ぶのが良いです。

でも

  • 色々な町や国に宿泊場所を変えながら旅する

のであれば、石畳や坂道が多く、スーツケースを引くのが困難な場所も多いです。

例えばイタリアの水の都・ヴェネチア。

f:id:eno1081:20180813203443j:plain

ここは水路を渡るための橋が階段式になっており、スーツケースでスムーズに移動するのはおそらく不可能な観光地です。

f:id:eno1081:20180813235353j:plain

(旅客のスーツケースを運ぶ仕事の方が駅前に待機してるほど)

こういった坂道や階段は、他の国でも無数にあります。

また普段から、急いでるときも階段を登れず前に進めなかったり、いちいちエレベータを探すだけでも時間がかかるはずです。

なので徒歩での移動が多いのであれば、バックパックを選ぶというのが正解だというのが個人的な意見になります。

そのうえで以下、バックパックを選ぶときのポイントを確認していきましょう。

2、購入前に絶対に見るべきポイント

ポイントは

  1. ポケット(ファスナー付)が沢山ついている
  2. レインカバーが付属
  3. メッシュのクッションが肩と背中についている
  4. 腰回りにベルトがついてる

です。

1つずつ確認していきたいと思います。

1、ポケット(ファスナー付)が沢山ついている

まず大事なのは

  • ポケットがとにかく沢山ついている

という点です。

旅行中って本当に色々なものを鞄にいれますよね。

なのでポケットが沢山あると

  • ハンカチやティッシュをいれるポケット
  • コード類をしまうポケット
  • カメラをしまうポケット

といった具合にポケットが沢山あると、収納しやすく、モノの管理がすごく楽になります。

ちなみに私の持っているバックパックのポケットを数えると…

f:id:eno1081:20180915133449p:plain

f:id:eno1081:20180412184322j:image

表面にポケットが9(2つはボトル入れ用の網ポケット)あります。

網ポケットもあると便利です。

私は朝食バイキングで手に入れたリンゴとかを入れておいて、お腹が減ったときに食べてました。

移動時の水の持ち運びも楽になります。

  • とにかくポケットはあればあるほどいい

です。

得なことしかないので、どんなに見た目が良くてもポケットが全然ついていないリュックを旅用に選ぶのはやめた方がいい(かなり不便)と思います。

ちなみにチャック部分は、開けやすいように大きな取ってがついています。

f:id:eno1081:20190412233731j:plain

基本的に1つのファスナーに、1つの引き手がついています。

下のポケット部分だけ、2つあるので左右両方から開けられます。

f:id:eno1081:20190412233904j:plain

2、レインカバーが付属

次に見ておきたいのが、レインカバーが付属しているか否かです。

正直、私自身

(レインカバーって必要なの?)

と以前は考えていました。

でも実際に利用してみると、すごく便利です!

やはり旅行をしていると、どうしても雨の日あります。

その時にさっと取り出してリュックにかけるだけで、すごく安心度が高いです。

また雨除けだけでなく

  • 防犯(一部の地域では観光客のリュックにペンキをかけてくる悪質ないたずらもあるようです。事前にそのような情報があれば、レインカバーを付けて移動するのもアリだと思います)

という利用の仕方もあります。

購入する際は、付属のレインカバーが付いているかチェックしてから買うと◎です。

また、雨具全般に関しては下の記事にまとめていますので、宜しければあわせて参考にしてください。

海外旅行に「雨具」は必要?折り畳み傘やカッパを選ぶ前に知っておきたいこと

3、メッシュのクッションが肩と背中についている

クッションの存在はすっごく重要なポイントです。

バックパックを選ぶ際は必ず

  • 負担の大きい背中と肩にクッションがついているもの

を選びましょう。

具合的には下の写真のような感じです。触るとふかふかしています。

f:id:eno1081:20180412184336j:image

私は以前、機能性ではなく見た目を重視して、こういったクッションのついていないリュックを購入し、旅行していたことがあります。

とにかく肩と背中が痛くて…!

反省してきちんと機能性を重視したリュックを選んだら、バックパッカー旅行をするのが楽しくて仕方なくなりました。

クッションがあるのとないのでは、全然違います!

見た目はダサくなりますが、自分の体を大切にして、機能性を重視しましょう。

4、腰回りにベルトがついてる

同じように必ず見ておきたいのが

  • 腰回りにベルトがついているか

という点です。

このベルト(ウエストハーネス)がついていると、負担を腰に分散できるので、荷物を背負うのがとても楽になります。

f:id:eno1081:20180915134919j:plain

カチッとこのベルトを締めると

(よし!旅立ちだ!)

とテンションが上がるのも個人的には楽しいです。

非常にさりげない部分ではありますが、あるかないかで負担度は大幅に変わってくると思います。

また鞄をしっかりと体に固定できるという意味で、防犯にも繋がるはずです。

必ず考慮に入れておきましょう。

3、見た目ではなく機能性で選ぶ

繰り返しますが、リュックを選ぶ際にどうしても

  • 少しでもカッコよくてお洒落な方がいい!

と思いがちではないですか?

(私はそうだった…)

リュックを選ぶときも、見た目ばかりを見て機能性を重視せず、最初のリュック選びは失敗でした。

ブランド物の方が質が良いかというと

  • 盗難のターゲットになりやすいという話

もあります。

バックパックは地面に置くこともありますし、汚れやすいものでもあります。

なので

  • バックパック選びでは見た目よりも機能重視
  • ブランドにこだわる必要はない

と留意しておきます。

デザインもポイントの1つではありますが、何よりも大事なのは機能面で

  • 自分が旅をしやすくなるバックパックを選ぶ

ということです。

そのうえで、もう1点大事なポイントとなるのが荷物の重さ(バックの容量)です。

以下、確認していきましょう。

4、バックの容量はどれくらい?

バックパックの容量は様々で、最初に選ぶときは

(一体どの容量を選べばいいの?)

と悩むのが普通だと思います。

個人的な意見としては、女性であれば

  • 1週間以内の短期旅行(~30ℓ未満)
  • 2週間~1か月(30ℓ~45ℓ / 最大50ℓ)

が目安かと思います。

これは旅行をすればするほど、荷物の減らし方が判るので一概にとはいえません。

私の場合、3日くらいの旅行でしたらバックパックではなく、普段使う小さめのリュックで大丈夫です。

一般的には、30ℓ~45ℓくらいが使いやすく、ベストだと思います。

旅の長さによって、リュックは大きい方がいいという意見もありますが

  • 女性の場合、運べる荷物の重さに限度がある

と思います。

まずもって、50ℓ以上は女性にはおすすめできません。

重い荷物を持って歩くことで

  • いざ襲われた時に走って逃げられない
  • 体力がなくなり、旅を楽しめない
  • ➡体調を崩す

といった事態になれば、本末転倒です。

1か月~季節が変わらないくらいでしたら、基本的に持ち物は2週間を超えてしまえば4週間だろうと6週間だろうと変わらないと思います。

なぜなら

  • 洋服は3泊~分ほどを洗って使いまわす
  • 速乾タオルを利用、夏は薄着
  • お土産は、飛行機に乗る直前や前日にゲット

といった工夫をすれば、そう荷物は増えないと思うんですよね。

▽バックパッカー旅行の洗濯事情については以下の記事を参考にしてください。

バックパッカー旅行の洗濯事情!おすすめの洗濯グッズや洗い方紹介

※ただ世界一周する、1年以上旅行する場合だと季節が変わってくるので、服装なども嵩張り、荷物は増えると思います。

私が現在持っているリュックは45ℓ+5ℓのものなのです。

が、旅行に行けば行くほど荷物を減らせるようになり最近は、パンパンに荷物を詰めることはまずないです。

むしろスカスカでベルトでぎゅっと小さくまとめています。

もう一回り小さくても良かったかな?と思います。

ただ最初は

  • 荷物を減らす方法がわからない!

ということで必要ないものも詰めてしまい、なかなか軽量で旅に出ることはできないかもしれません。

無理せず、少し大きめ(40~50ℓ)のものを買って、慣れてきたらサイズを小さく自分に合ったものにするのも良いかもしれませんね。

5、荷物を軽くするポイントは?

女性は何かと荷物が増えやすいと思います。

荷物を減らすポイントは

  • 服は3泊分くらいでOK(現地で買うくらいの勢い)
  • 靴はスニーカー
  • メイク道具は最低限
  • 絶対に必要なものとそうでないものを明確に

ということでしょうか。

洋服は、自分の好きなものを数着だけ持っていき、いざとなれば現地で購入してしまいましょう。

洗濯機などもゲストハウスにはありますので、心配無用です。

靴下くらいでしたら、ちゃちゃっと自分で洗って干しておけばOKです。

何足何足も持ち歩く必要はありません。

大事なのは

  • 旅行先で手に入りにくいものを忘れない

ということです。

>>絶対に役立つ旅の持ち物をまとめて紹介

女一人旅のバックパッカー*絶対に役立つ旅の持ち物をまとめて紹介

荷物は小分けして管理すると楽

また荷物の中身は袋に小分けして分類し、バックパックから取り出しやすくすると、非常に管理が楽です。

小さな塊をいくつも作って、バックパックの中に詰めていく感じです。

f:id:eno1081:20180803165413j:image

この点、「おすすめの100均トラベルグッズ6選」という記事でも紹介しましたが、食べ物を小分けにする透明のジップロックを利用するとすごく便利ですよ。

もう少しきちんとしたものを利用したい人は、こちらの圧縮袋が良いと思います。

宜しければ、下記事も参考にしてください。

海外旅行で便利な100均トラベルグッズなんてあるの?【答えは商品による】

6、おすすめのバックパック

最後におすすめのバックパック情報をまとめておきたいと思います。

まずは今回紹介した、私が利用しているバックパックです。

このリュックは
  •  値段が安い(5000円以下
  • ポケットめっちゃ多い
  • クッションあり
  • 防水カバーあり
  • 腰ベルト付

Amazonで買ったので、実物は購入前に見ることはありませんでしたが、思った以上に良いもので満足度は高かったです。

ちなみに私が利用しているのは、45ℓ+5ℓのものです。

これだけ容量があれば、困ることはないかなと個人的には感じる大きさでした。

(女性の場合、これ以上大きいと背負うのが大変だと感じます)

ノーブランド品ですが個人的には愛用していますので、参考にしてください。

人気のあるアウトドアブランドのバックパック

人気の高いアウトドアブランドの30ℓバックパック(小旅行用)も紹介してみます。

★[ミレー]リュック KULA

老舗のアウトドアブランド「ミレー」のバックパックです。

レインカバー付きで、ちょっとした小旅行や普段使いに良さそうです。

人気が高く、女性にも似合いそうなスッキリとしたデザインが魅力です。

★(ザ・ノース・フェイス)リュック ビックショット クラシック

ノース・フェイスの人気商品。

容量は30~40ℓで、普段使いによさそうなスタンダードなバックパック。

色のバリエーションも豊富にあるので、お洒落好きな女性の方にもぴったりなバックが見つかりそうです。

日常使い向けのバックですが、ちょっとした小旅行に使えそうです。

★(コロンビア) Columbia バークマウンテン30LバックパックII

登山用の30ℓバックパックですが、値段も手頃で旅行時の使い勝手も良さそうな商品です。

レインカバー付きで、腰にベルトも付いており、ポケットも多い。

個人的には非常に気になるバックパックになります。

次に紹介するのは、35ℓのバックパックです。

★[コールマン]リュックサック トレックモーション35

キャンプ用品トップブランド「コールマン」のリュックです。

収納可能サイズは31-40L、コンパクトですっきりした作りになっています。

レインカバー付きでちょっとしたアウトドアにも重宝しそうです。

★ミステリーランチ スクリー Mystery Ranch SCREE

米軍が採用しているというスペックの高さから一部では「世界最強」とも支持が厚い「ミステリーランチ」のバックパックです。

特徴的な3ジップデザインに、どんな体型にもフィットするよう背面調整がついています。

私も一度購入してみたいアウトドアブランドのバックパックです。

★[カリマー]中型トレッキングザック ridge40 type2 Ink(インク)

イギリスの人気アウトドアブランド「カリマー」のバックパック。

収納可能サイズは31-40Lで、中期旅行に使えそうな商品です。

「背負いやすく、疲れづらい」というコンセプトに基づいたヒップベルト、背面デザインは旅人にとっても魅力的です。

まとめ

ということで今回の記事では海外旅行で使えるバックパックの選び方をまとめてみました。

まとめると

  • ポケットの多いもの◎
  • 肩と背中のクッションの有無を確認
  • 腰のベルトがあると◎
  • レインカバー◎
  • 見た目<機能性
  • 女性であれば、荷物は軽い方が◎(50ℓ限界)

になります。

  • 体の負担にならないものを選ぶのが良い
  • 無理はしない
  • 余分な荷物は極力減らす

のがおすすめです。

また、私は45+5ℓを背負って旅行をしていますが、女性の中では高身長です。

背中の面積が広い(?)というのも負担が少ない理由になっているかもしれません。

自分の体格を考慮して、大きさも選ぶと◎だと思います。

小柄な方は、あまり欲張らず、ほどほどのサイズを選ぶのを強くお勧めします。

また、観光中の荷物管理については「スリは未然に防ぐ!海外旅行で観光するときオススメの装備(バッグ)は?」という記事にすべてまとめています。

合わせて参照していただくと良いと思います。

スリは未然に防ぐ!海外旅行で観光するときオススメの装備(バッグ)は?

防犯面では、南京錠は必需品です。

備えあれば憂いなしですので、こういったものは出発前に揃えておくのをおすすめします。

それでは当記事が、これから旅行に出かける方の参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

★[ミレー]リュック KULA 30 MIDNIGHT

★[ザ・ノース・フェイス]リュック ビックショット クラシック

★(コロンビア) Columbia バークマウンテン30LバックパックII

★[コールマン]リュックサック トレックモーション35

★ミステリーランチ スクリー Mystery Ranch SCREE

★[カリマー]中型トレッキングザック ridge40 type2 Ink(インク)

初めての海外旅行を応援する他の記事

後日、Amazonで購入できる5000円未満のバックパックを下記事にまとめてみました。

商品購入の際の参考にしてください。

Amazonで5000円未満で購入できる!?「旅行用バックパック」5選

海外旅行に必要な持ち物に関しては、以下の記事を参考にして下さい。

女一人旅のバックパッカー*絶対に役立つ旅の持ち物をまとめて紹介

メインバッグの選び方に関しては、下記事にも詳しくまとめています。

海外旅行用メインバッグの選び方|容量・形・サブバッグとの違いは?

Amazonで旅行用バックパックを検索

10 COMMENTS

akikore

はじめまして!GWにインド一人旅をします、同じく身長168cmくらいの女です。
ここでおすすめしていただいてるS&Dのリュックを買おうかなと思っていますが、チャックに南京錠はつけれる感じでしょうか??
ファスナーにチャックが2つあったらそこに南京錠をつけておきたいのですが、、

返信する
ぱじゃねこ

akikoreさん
コメント有難うございます。
インド旅行いいですね~!
調べたところ、ファスナーには基本1つの引き手がついています。
下のポケットだけ2つでした。
記事も少し修正して写真も加えましたので、宜しければ参考にしてください!
インドは確かに防犯面で心配になることもありそうなので、ワイヤーを合わせて持っていった方が良いかもしれません。
それでは、楽しい旅行になることを願っています。

返信する
akikore

早速のお返事ありがとうございます!
大変助かりました。
また記事まで追記していただき本当にありがとうございます。
とても参考になる記事ばかりでたくさん読ませていただきますね^_^

返信する
akikore

すみませんもう一つ質問です!
真ん中の、上下に縦に入ってるファスナーは、開けるとリュックの中身にダイレクトにつながりますか?それともリュックの中とはまた別のポケットになっているんでしょうか?

返信する
ぱじゃねこ

akikoreさん
お役に立てて何よりです(^-^)
真ん中のファスナーを開けると、小さなポケットになっています。
(中身には繋がっていません。私の場合は、アイマスクや耳栓など、貴重品ではない小物をここにいれています)
質問をもらえると、記事に不足している情報に気づくことができるので、有難いです。
今後も記事を増やしていく予定なので、これからも参考にしていただければ幸いです。

返信する
akikore

ありがとうございます!
中身に直結してないなら安心しました☆
僭越ながら同じものを購入しようと思います^_^

返信する
nezumi

はじめまして!いつも楽しく読ませてもらってます。
バックパックでもヨーロッパや遠めの国に行くときは機内には持って入らず預け荷物ですよね?
お土産などはあまり買わないのでしょうか?

返信する
ぱじゃねこ

nezumiさん
コメント有難うございます!
私は、どんなときも機内で済ませちゃってます 笑

一度預け荷物でロストバゲージを経験したことがあり、以来よほどのことがない限り預けないようにしています。

お土産も買っていきますが、なるべく機内持ち込める範囲で済ませています。
(また自分用のお土産を殆ど買わないので、かなり少ないタイプだと思います)

私はとりわけ荷物が少ないタイプなので、もしかすると一般的には預け荷物を上手に使えた方が効率は良いかもしれません。
あくまで一例として、参考になれば幸いですm(_ _)m

返信する
nezumi

返信ありがとうございます!
40リットルくらいのバックパックだと機内持ち込みにできないサイズが多いなと思っていろいろかばん見てたんです。
特に最近のLCCだと機内持ち込みは7kgとかなり厳しめで…

ありがとうございます!参考にさせていただきます!

返信する
ぱじゃねこ

いえいえ、質問を参考に新着記事も書かせていただきました。
(参考になれば、幸いです)
LCCは確かに制限が厳しいんですよね…。

重さの問題をクリアできない場合は、預け荷物にするしかないですよね。

大きさに関しては、例えば私の現在使っているバックパックは45+5Lですが、ベルトでグッと止めるとかなりコンパクトになります。
バッグパックはスーツケースと比較すると変形するので中身を減らせば、大きさの面はどうにかなりやすいです。

質問をいただいたお陰で、色々と気づかされる部分が多かったです。
今後の記事作成の参考にさせていただきますね。
有難うございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。