The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のカンボジア*世界遺産プリアヴィヒア遺跡の魅力を存分に味わうためのポイント!【3日目】

タイとの国境付近にある世界遺産プリアヴィヒア遺跡

私「カンボジア、行く予定なんやけど、何も予定決まってないねん」

後輩「いいですね!!!カンボジア!!!いつ出発されるんですか!?」

私「明日」

後輩「あ、明日!!!?」

実は旅に出る前日まで、現地の情報は調べていたものの具体的な旅程を全く立てず、プリアヴィヒア遺跡どころかアンコールワット以外の遺跡について全く知らなかった私。そのときカンボジアに行ったことがある後輩に「どうしても行きたかったけど時間とお金に余裕がなくて行けなかった場所」として紹介されたのがプリアヴィヒア遺跡でした。

後から考えてあの時、旅行体験者にプリアヴィヒア遺跡を紹介してもらっていて、よかったです。私はベンメリアの次に行ってよかった遺跡だと感じたので、プリアヴィヒア遺跡に少しでも興味を持っている人のために、ポイントをまとめたいと思います!

f:id:eno1081:20160303143909p:plain

1、プリアヴィヒア遺跡はシェムリアップ市内から遠い!

まず、私はVELTRAで現地ツアーを予約し、ベンメリアとセットで観光してきました。市内から遠いので移動は退屈と思いきや、個人的には道中車から見える景色がとても印象深かったです!

ツアーガイドの方の話だと、ここら辺はアンコールワットよりも背の高い建物をつくることはできないというきまりがあるため高さの低い建物が多く、また太陽光発電を利用していたり、白黒のテレビを使っているという話も聞きました(電気代が日本よりも高いと言ってました)。そういう話を色々と聞きながら、車で過ごす道中はとても楽しかったです。

山道はリアルジュラッシクパークという感じでした。

f:id:eno1081:20160303144238p:plain

途中明らかに道じゃないよね?ってところも走ってました。あと、ここでは4wdのオープンカーに乗せられていたので、風バシバシあたりました(マスクもっていった方がいいです)。

f:id:eno1081:20160303145520p:plain

上った山の麓からの写真。

f:id:eno1081:20160303144451p:plain

ちなみにトイレは今まで見たことない手桶付きの新しいタイプでした。

f:id:eno1081:20160303145410p:plain

遺跡には大きく分けて、市内からの距離(または地雷の有無)によってツアーに参加しなくても個人でトゥクトゥクを借りて回ることができる遺跡と、ツアーに参加して車を出してもらわなければいけない遠方の遺跡の二種類があります。

プリアヴィヒア遺跡はシェムリアップから片道3時間ほど。

ツアーに参加することが必須となるので、遅くとも二日前にツアーを探し、予約しておくことを強くお勧めします。またお金もアンコールワット遺跡を見るのとは別料金で、10ドル必要でした。それに加え、山に登るために車を乗り換え、そこからの運賃として6ドル取られました。

参加したツアー代金も、学生としては相当高い額(100ドルほど)でしたので、節約旅行をする方には、あまりお勧めできないというのが本音です。ただ、私はそれでも行ってよかったと思います。参考にしてください。

2、とにかく広くて、見ごたえたっぷり!

プリアヴィヒア遺跡といえば、絶景が売りの遺跡。ただ個人的には、プリアヴィヒア遺跡の魅力は絶景だけじゃなく、遺跡そのものにもあると感じました!

f:id:eno1081:20160303144542p:plain

プリアヴィヒア遺跡は、第一楼門から第四楼門まで遺跡が続いており、入り口から相当の距離を歩いて絶景の見えるポイントまで歩かなければなりません。

※相当歩きます!

f:id:eno1081:20160303145012p:plain

しかし個人的にはそれが魅力的だと感じ、アンコールワットのように混雑していないからこそ、楽しめる遺跡探索を十分に味わうことができたと感じました。転々といろいろな遺跡を見て歩くのではなく、ゆっくりとこの遺跡一つを見るだけで、充実した一日を過ごすことができるというのも魅力だと思います。

3、噂の絶景は、高すぎて逆に恐怖が吹っ飛ぶ!

プリアヴィヒア遺跡といえば、絶景ポイントとしても知られる遺跡です。

f:id:eno1081:20160303144853p:plain

現在は安全のためロープが張られていますが

「気を付けて。これ、すぐ倒れるから、全然意味ナイヨ(笑)

とカンボジア人のガイドさんがアハアハと笑いながら、ゆらゆらとロープを揺らしていて恐怖を感じました。私は本来高所恐怖症で、絶景を見ることができるか不安でした。しかし、あまりに高所のため距離感が全くつかめず、逆に恐怖を感じませんでした

乾季は水蒸気が蒸発して真っ白、雨期の方が景色は綺麗だそうです。

ちなみに崖付近にサルがいっぱいいました。

f:id:eno1081:20160303144622p:plain

可愛い♡と近づこうとしたら、ガイドさんに凄い血相で止められました。なんでもサルは悪さをして持ち物を盗むだけでなく、サルにかまられると治療のため、病院に運ばれ2000ドル治療費を取られるという話を聞きました。

いやいや、旅行費より高額やんということで、これから旅行先に行ってもむやみに動物には近づかないようにしよう…と反省しました。

4、現地ガイドさんの話がとっても面白い!

今回の旅行で私は自分がツアー嫌いだということを自覚することができました。とにかく自分で旅程を立てられない、自由に見て回れない、団体行動、あああああああああああああああああ…ここから逃げ出して、走り出したいいいいいい、とむしろ旅に出たくなくなるくらいに嫌だと感じたのですが、これだけは個人旅行に勝るというポイントを発見しました。

それが現地ガイドさんのお話です。

確かに自分のペースで、遺跡を見るのは楽しいです。けれどもガイドさんのお話を聞く聞かないでは、遺跡の見え方が変わります。それだけじゃありません。プリアヴィヒア遺跡に到着後、周辺国とカンボジアの政治的対立について熱く語るガイドさんの姿に、今まで自分がこの遺跡が世界遺産に登録された経緯について無知であったかを知り、恥ずかしさを覚えました。

私はこのような話を聞くまで、カンボジアと周辺国の関係がそれほどまでに悪いものだということすら知りませんでした。そして仮にタイ側から話を聞けば、また違った視点でこの遺跡について語るものがあるのかもしれません。

遺跡の入り口には世界遺産とカンボジアの国旗がその正当な持ち主を主張するようにはためいていました。

f:id:eno1081:20160303145216p:plain

日本語堪能なガイドさんがどのように日本語を習得したのかお話を聞くのも面白かったです。

ちなみにカンボジアの学校で習う第二か国語は英語とフランス語だそうです。そのため日本語は日本料理の店でシェフをしながら学び、後から語学学校で勉強したそうです。そのハングリー精神は彼の日本語能力から容易に確認できるのですが、その彼が「カンボジアには、チャンスがない」と嘆く姿もまた印象的でした。

旅の面白さは自分の今までに見たことがないものを味わう快感にあると思います。けれども決してそれだけでなく、自分の知見を広げたいと心から感じることのできる文化体験をできるのも一つの魅力です。

プリアヴィヒア遺跡の魅力は、崖から見える絶景といったサスペンスだけでなく、カンボジアあるいは周辺国の歴史や政治、さらに大きな視点から国と国が争うということや貧困について考えさせられる遺跡という点にあるのではないでしょうか。

そのことに気づくことができたという点で、プリアヴィヒア遺跡、行って大正解だったというのが私の感想です。

f:id:eno1081:20160303145611p:plain

というわけで、ぜひ時間やお金に余裕がある方は、プリアヴィヒア遺跡に立ち寄ってみることをお勧めします!また折角ですから、ぜひツアーに参加して、ガイドさんのお話を聞いてほしいなと思います。

最後まで読んでくださり、有難うございました!

*同日に行ったベンメリア遺跡の感想はこちらからどうぞ!

kinako18.hatenadiary.com