The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のカンボジア*予想以上に行ってよかったロリュオス遺跡群【5日目】

ロリュオス遺跡群をお勧めしたい理由

ロリュオス遺跡群は、アンコールワットやアンコールトムよりも300年も前に存在していた遺跡群です。あまり有名ではない遺跡なので、観光客も多くはありませんでしたが、個人的にはとっても気に入った遺跡の一つになりました。この遺跡は、旅のはじめではなく、色々な遺跡を回った最後に鑑賞すると、ほかの遺跡との差異がわかって楽しめると思います。

アンコール遺跡群のチケットを利用してみることができるので、チケット利用日の三日目にほかの遺跡と合わせて回るのをお勧めします。

ロレイ

最初に訪れたのはロレイという名の遺跡。残念ながら改修中でした。

f:id:eno1081:20160327174301p:plain

庭を散歩していると、ん!?思わぬ出会いが。

f:id:eno1081:20160327174353p:plain

まるで人形のような鳥さん。ちかづいてもピクリとも動きません。こういう出会いがカンボジアではとても多いです。

f:id:eno1081:20160327174458p:plain

個人的に興味深かったのは、この遺跡の後ろに寺子屋のような建物があったことです。

f:id:eno1081:20160327174612p:plain

どうやら英語教育は英語で行われているようです。参考にしようと、勝手に写真を撮ってきてしまいました。

f:id:eno1081:20160327174634p:plain

修復中の上、とても小さくて、あまり見ごたえを感じることのできなかったロレイ。次の遺跡に期待しようと足早に去りました。

バコン

次に足を運んだバコンという名の遺跡は、とっても雰囲気があって、規模が大きく、予想以上に行ってよかった遺跡の一つになりました。周囲に花が咲き乱れています。

f:id:eno1081:20160327175003p:plain

思わず足がすくむほどの階段を、例のごとく上る。

f:id:eno1081:20160327175131p:plain

その跡に見える景色がとても素晴らしいのが、遺跡巡りの楽しさの一つですね。

f:id:eno1081:20160327175229p:plain

こちらの遺跡もところどころ改修中のようでした。

f:id:eno1081:20160327175216p:plain

ロリュオス遺跡群は赤茶色の壁がとても可愛らしいです。

f:id:eno1081:20160327175329p:plain

f:id:eno1081:20160327175520p:plain

人がいないので写真撮り放題です。遺跡の横には、妙に真新しい建物がありました。

f:id:eno1081:20160327175554p:plain

f:id:eno1081:20160327175622p:plain

とても雰囲気があって、お勧めできる遺跡です。これは特に一人旅の方に、ふらりと足を運んでほしい遺跡だなと思いました。

f:id:eno1081:20160327175738p:plain

プリア・コー

バコンとの別れを惜しみつつ、ロリュオス遺跡群最後の遺跡へ。

f:id:eno1081:20160327180016p:plain

最後に回ったプリア・コーも、とっても可愛らしい見た目の遺跡でした。個人的には、ミニチュアにして部屋に飾りたいほどの可愛さですね。

f:id:eno1081:20160327180133p:plain

f:id:eno1081:20160327180531p:plain

近くでとるとこんな感じ。

f:id:eno1081:20160327180225p:plain

謎の碑文があったので、一人でラピュタごっこしてきました。

f:id:eno1081:20160327180306p:plain

この旅行で山ほど遺跡を巡りましたが、最後に回る遺跡としてふさわしい存在感を示してくれたロリュオス遺跡群。ふっと横を見れば、広がる一面の緑の中を駆け回る裸の男の子の姿が見えました。人ごみでぎゅうぎゅうのアンコールワットやアンコールトムよりも、個人的にはこっちの方が楽しかったなあ、ということでお勧めしておきます。

f:id:eno1081:20160327180543p:plain