The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅のアンコール遺跡群*アンコールワット以外に訪れたお勧め遺跡をまとめて紹介

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

アンコール遺跡群にあるのはアンコールワットだけじゃない!

春休みを使って訪れたシェムリアップ。

初めての海外一人旅だったこともあり、1週間まるっとシェムリアップで過ごすした私は、代表的なアンコール遺跡(アンコールワット、アンコールトム、タ・プローム)以外の遺跡も見に行きました。

この記事では、それらのあまり知られていない遺跡の中から、お勧めのものを紹介したいと思います。

宜しければ参考にしてください。

なお、これらの遺跡はアンコール遺跡群のパスチケットで見に行くことができます。

私は3日パスを購入しました。

主要な遺跡の感想については、以下の記事を参考にしてください。

www.nekopajamas.net

 

迷路のように広い巨大遺跡*プリア・カン

まず私がおすすめしたいのは、プリア・カン。

プリア・カンは「聖なる剣」という意味。この遺跡は、北南東西に四つの入り口がある巨大遺跡です。

とても広く、どこまでもどこまでも遺跡が続いています。出迎えてくれたのは、アンコールトムにもあった蛇の綱引き。

首が取れているのが印象的です(ガイドさんの案内では盗難だとのことでした)。

f:id:eno1081:20160304145436p:plain

入り口はこんな感じになります。

僧の格好をしているのに、サングラスをかけているのが何かワイルド…!

f:id:eno1081:20160304145502p:plain

とにかく広い

アンコールワットのように込み合っていないので、探検気分でどんどんと勧めます。

プリアヴィヒア遺跡も巨大でしたが、それぞれの楼閣が分かれていた分、ずいぶんとあっさりした印象でした。

それに対し、プリア・カンは開けた空間がないのでまるで迷路のようでした

f:id:eno1081:20160304145857p:plain

まっすぐ進んでいくと、出口に。

観光客だれもいない森の小道のようなものを進んでいきます。

f:id:eno1081:20160304150043p:plain

帰れるのかなと不安になりながら進んでいくと、森の中から新たな門が登場!

f:id:eno1081:20160304150212p:plain

まるで千と神隠しの入り口みたい…♡

とテンションはMAX。

「これだ…!未知なる人のいない場所…こういうのが楽しいんだよ…!」

と旅のハイライトを迎えた瞬間でした。

この後、本当に神隠しにあったように迷子になるとも知らずに、景色に見とれていました。美しかったです。

f:id:eno1081:20160304150342p:plain

さて、そろそろ帰ろうかと引き換えし、遺跡を抜けて無事出口へ。

しかし「ここで待っているね」

といったはずのトゥクトゥクさんがどこにも見当たらない。

親を失った子のようにさまよい、ありとあらゆるドライバーさんを覗き見ますが、知ってる人いません。

周りから見るとあまりに不審な日本人だったのでしょう。

知らないトゥクトゥクさんが「俺についてこい」と話しかけてきてビビっていると、入り口の門番さんに「こいつ、迷子みたいだ」と相談し始めました。

門番さん「運転手、いないの?」

私「はい、いないんです」

門番さん「運転手の電話番号知らないの?」

私「知りません」

門番さん「とりあえず、この椅子に、座って待っていなさい」

私「サンキュー…」

私に優しくしてくださった門番さんと通りすがりのドライバーさん。

用心のため、警戒心ばかりが先立ってしまいましたが、人の優しさを疑ってしまうというのは、何とも悲しいことだなと思いまいした。

ちょこんと椅子に座っていると門番さんが

入り口、ここじゃなくて、北と間違えてるんじゃない?

とご指摘。

はじめてこの遺跡に4つの入り口があること、そしてこの入り口が最初に来たものと違うことに気付きました。

門番さんの案内に従い、急いで西の入り口へと向かっていくと私を待っているトゥクトゥクドライバーさんが!!!

帰ってこないかと思って心配したよ!

ですよねぇと平謝り。

隣で知らないドライバーさんまでもが「You、西門で迷子になってたよね」と爆笑している始末。

そんな広すぎる遺跡プリア・カン。

見ごたえはたっぷりですので、自分が帰る入り口を、しっかり確認してから中に入るようにお勧めします。

f:id:eno1081:20160304151808p:plain

沼地を横切る風情ある小遺跡*ニャック・ポアン

「ニャック・ポアン」とは絡み合う蛇という意味を持ちます。

12世紀後半にジャヤヴァルマン7世によって建てられた遺跡で、アンコールワット遺跡群の大回りコースの中の一つの遺跡になります。

少し存在感の薄い小さな遺跡なのですが、個人的にはとても気に入りました。

この遺跡で一番よかったのは、遺跡に入るまでの道のり。

f:id:eno1081:20160327160959p:plain

大きな沼地の真ん中にぽつんと立つ遺跡ですので、四方八方を沼地に囲まれる細長い道を歩いていくことになります。

これがとっても雰囲気があって、素敵だったんです。

f:id:eno1081:20160327161154p:plain

まるで映画『ロード・オブ・ザ・リング』のワンシーンのようだと一人で盛り上がっていました。

f:id:eno1081:20160327161255p:plain

寺院自体はとてもこじんまりとして可愛らしいものになっています。

歩き回る必要もなく短時間で見ることができます。

f:id:eno1081:20160327161348p:plain

ツアーでは組まれることが少ないようですが、個人旅行でシェムリアップに来る際に

f:id:eno1081:20160327161502p:plain

非常にお勧めの遺跡です。

実は世界遺産*ロリュオス遺跡群

ロリュオス遺跡群は、アンコールワットやアンコールトムよりも300年も前に存在していた遺跡群で世界遺産にも登録されています。

観光客は多くありませんでしたが、個人的にはとっても気に入った遺跡の一つになりました。

ポイントは

  • 旅のはじめではなく、色々な遺跡を回った最後に鑑賞すること

です。

色々な遺跡を見た後だと、ほかの遺跡との差異がわかって楽しめると思います。

3時間もあれば、十分にまわることができます。

こちらの遺跡もアンコール遺跡群のパスチケットを利用してみることができるので、チケット利用日の最終日にほかの遺跡と合わせて回るのをお勧めします。

以下、各遺跡の紹介をしていきます。

ロレイ

最初に訪れたのはロレイという名の遺跡。

私が訪れたときは、残念ながら改修中でした。

f:id:eno1081:20160327174301p:plain

庭を散歩していると、思わぬ出会いが。

f:id:eno1081:20160327174353p:plain

わぁ…!

まるで人形のような鳥が一匹!

ちかづいてもピクリとも動きません。

こういう無防備な動物との出会いがカンボジアではとても多いです。

f:id:eno1081:20160327174458p:plain

個人的に興味深かったのは、この遺跡の後ろに寺子屋のような建物があったことです。

f:id:eno1081:20160327174612p:plain

どうやら英語教育は英語で行われているようです。

参考にしようと、勝手に写真を撮ってきてしまいました。

f:id:eno1081:20160327174634p:plain

修復中の上、あまり見ごたえを感じることのできなかったロレイ。

次の遺跡に期待しようと足早に去りました。

バコン

次に足を運んだバコンという名の遺跡。

とても雰囲気があって、規模が大きく、予想以上に行ってよかった遺跡の一つになりました。周囲に花が咲き乱れています。

f:id:eno1081:20160327175003p:plain

思わず足がすくむほどの階段を、黙々と登っていきます。

f:id:eno1081:20160327175131p:plain

登った後に見える景色がとても素晴らしいのが、遺跡巡りの楽しさの一つですね。

f:id:eno1081:20160327175229p:plain

こちらの遺跡もところどころ改修中のようでした。

f:id:eno1081:20160327175216p:plain

ロリュオス遺跡群は赤茶色の壁がとても可愛らしいです。

f:id:eno1081:20160327175329p:plain

f:id:eno1081:20160327175520p:plain

人がいないので写真撮り放題です。

遺跡の横には、妙に真新しい建物がありました。

f:id:eno1081:20160327175554p:plain

f:id:eno1081:20160327175622p:plain

満足度は非常に高かったです。

人混みが好きではなく、気ままに遺跡を見たいという方に、ふらりと足を運んでほしい遺跡だなと思いました。

f:id:eno1081:20160327175738p:plain

プリア・コー

バコンとの別れを惜しみつつ、ロリュオス遺跡群最後の遺跡へ。

f:id:eno1081:20160327180016p:plain

最後に回ったプリア・コーも、とても可愛らしい見た目の遺跡でした。

ミニチュアにして部屋に飾りたいほどの可愛さ。

f:id:eno1081:20160327180133p:plain

f:id:eno1081:20160327180531p:plain

近くでとるとこんな感じです。

f:id:eno1081:20160327180225p:plain

謎の碑文があったので、一人でラピュタごっこしてきました。

「読める、読めるぞ…っ!」

f:id:eno1081:20160327180306p:plain

この3つの遺跡を巡って、午前が潰れるという旅程。

スケジュールも立てやすく、宿のトゥクトゥクさんにお願いしたら、ツアーよりも安く回ることができました。

この旅行で沢山遺跡を巡りましたが、最後に回る遺跡としてふさわしい存在感を示してくれたロリュオス遺跡群。

ふっと横を見れば、広がる一面の緑の中を駆け回る裸の男の子の姿があり、異国に来たんだなぁとしみじみ感じました。

f:id:eno1081:20160327180543p:plain

まとめ

今回の記事では、アンコールワット、アンコールトム、タプローム以外の遺跡の中からお勧めしたいものを紹介させていただきました。

観光流れとしては

  • ロリュオス遺跡群【半日】+スパ【半日】
  • 大回りコース(この記事で紹介したプリア・カンとニャック・ポアン、他にタ・ソム、東メボン、プレ・ループと回るコース)【一日】

という旅程で回りました。

「大回りコース」というのは、言質で定番の観光方法の1つですので、案内を頼むトゥクトゥクさんに「 "Big circle" 」と言えば、すぐに察してくれると思います。

私の場合はホテル専属のトゥクトゥクさんを利用しました。

もし自分で交渉しなければならない(不安)という人は、現地ツアーを利用するのも賢い方法だと思います。

VELTRA【アンコールワット遺跡群観光】

私はオプショナルツアーのサイトを見ると定番の観光地の名前や、効率の良いルートがわかるので情報収集としても多用しています。

よろしければ以下の記事などを参考にしてください。

www.nekopajamas.net

名前の良く知られている遺跡は、見ごたえたっぷりですが、観光客も非常に多く、混雑しています。

それに比べると、この記事で紹介した遺跡は人が少なく、とてもスムーズに観光することができました

個人的には、人ごみでぎゅうぎゅうのアンコールワットやアンコールトムよりも、周っていて楽しかったなあという印象です。

宜しければ、参考にしてください!

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました!