女一人旅のベトナム*初めて旅行してみた感想と気付いたこと8つ

今回の記事では

  • ベトナムに一人旅した感想
  • 事前に知っておきたかったこと

をこれから旅行する人に向けて、まとめたいと思います。

先に結論を言ってしまうと

ホイアンすごく良かった…

f:id:eno1081:20190414192935j:plain

東南アジアで一人旅の旅行先を探してる女性は

  • とりあえずホイアン行けば、楽しい

と断言できるくらい魅力的な観光地でした。

ベトナムといえば

  • ハノイ
  • ホーチミン

が2大都市が有名なので

  • ホイアンってどこにあるの?

と感じた方もいると思いますが、ベトナム行くなら絶対におすすめですね。

女一人旅のホイアン*旅行を120%楽しむために知っておきたいこと

以下ホイアンの魅力も含めて、詳しくベトナム3泊4日一人旅レポをまとめたいと思います。

当記事が、ベトナム旅行に興味がある方の参考になれば幸いです。

1、今回のベトナム旅行の日程

最初に今回のベトナム旅行は、全部で3泊4日

  • 1日目:ダナン~ホイアン
  • 2日目:ホイアン
  • 3日目:ホイアン~ハノイ
  • 4日目:ハノイ

という旅程でした。

旅の目的はホイアンに足を運ぶことだったので、フエやホーチミンには足を運びませんのでご了承ください。

ダナンも空港を利用しただけです。

f:id:eno1081:20190529214719j:image

日数的には「もう少し長ければ遠方の世界遺産にも足を運べたかな」と感じましたが

  • フライト時間は5~6時間
  • 片道1万円から航空券あり

なので、2泊3日でも手軽に楽しめる旅行地だなと思いました。f:id:eno1081:20190530150310j:image

▲私が実際に支払った大阪~ハノイの片道航空券の値段。時期やセールによって値段は異なります。

ベトナム行きの格安航空券を検索

2、事前に、ベトナムの通貨を知っておく

今回旅行して感じた、ベトナム旅行最大注意点は

  • お札の単位

です。

これだけは、事前に知っておいた方が良いと思います。

ベトナムの通貨単位は「ドン」なのですが、この写真を見てください。

f:id:eno1081:20190529214826j:image

え?

じゅ、じゅうまんドン…???

と感じるのが普通の反応だと思います。

そう、ベトナムの紙幣はゼロが非常に多いんです。

私自身、初日は少々パニックになってしまい

  • 一体これは、いくらなんだ…

と考えながら、花咲じいさんのようにお金をばらまいていた気がします。

なのでベトナム入りする前に

  • 10万ドン=約500円

と知っておきましょう。

10万ドンは使う頻度が多いので、これだけ覚えておけばどうにかなります。

ぜひ、参考にしてください。

3、ハノイは観光地ではない

実際行ってみるまでわからなかったですし、私個人の意見なのですが

  • 首都ハノイは観光地ではない

と思いました。

f:id:eno1081:20190529214942j:image

これは決して悪い意味ではありません(笑)

本当に人が生活している、息づいた発展途上中の活気ある都市という感じでした。

f:id:eno1081:20190529215009j:image

つまり

  • 外国人観光客がバカンスでのんびり
  • 異国情緒に目を輝かす

という場所ではないです。

もうとにかく

バイクの街

って感じなんです。

f:id:eno1081:20190529215140j:image

すごいんですよ、とにかくバイクバイクバイクで道を渡るのも冷や冷やモノ!!!

f:id:eno1081:20190529220441j:image

個人的に、ハノイ街歩きは

  • ベトナムに住んでいる人たちの生活が垣間見れて楽しい

と感じました。

f:id:eno1081:20190529215255j:image

ただ、旅行用パンフレットに載っているような「ハノイ」を想像していくと、かなり肩透かしを食らうと思います(笑)

もし

  • いかにも絶景という旅行地
  • 異国情緒のある「ベトナム」

を望むのであれば、ツアーを利用して世界遺産のハロン湾に足を運ぶことを強くおすすめします。

f:id:eno1081:20190529222850p:plain

ベトナムのオプショナルツアーを検索

私は日程の都合上、足を運ぶことができませんでしたが、とても有名な絶景世界遺産の1つです。

それかハノイだけではなく、次に紹介する

  • ホイアン(もしくはダナン)

という町を拠点にして、旅行することをおすすめします。

▶ハノイ(ベトナム)の現地オプショナルツアー – タビナカ

4、世界遺産の古都、ホイアンが美しい

さて、ホイアンというのは町全体が世界遺産に登録されているベトナムの古都です。

ここが本当に良かった。

f:id:eno1081:20190529215450j:image

  • 旧市街は徒歩で回れる大きさ
  • お土産屋も多い
  • かわいいカフェも多い

見どころが多く、1日ぼんやりと散歩をしているだけでも贅沢で楽しい時間を過ごすことができました。

f:id:eno1081:20190414163909j:plain

ホイアンは夜の風景が有名なんですが、昼間も十分に愛らしい街でした。

f:id:eno1081:20190415121617j:plain

夜になると

  • 毎晩、ランタンが灯って美しい

ので、観光客はいつ訪れても満足する景色を見ることができるでしょう。

f:id:eno1081:20190414190921j:plain

ぶわっと花が咲き誇るように、そこかしこでランタンが灯り、大げさではなく夢の世界のようだなと感じました。

f:id:eno1081:20190414194310j:plain

ホイアンは俗にいうインスタ映えスポットですが

  • 写真よりも実際の景色はもっと綺麗

と思いました。

特に女性は気に入る方が多いと思うので、一人旅だけでなく友だちとの旅行先として選ぶのもおすすめです。

f:id:eno1081:20190414185623j:plain

5、都市間の移動は「飛行機」がベスト?

海外旅行に訪れたときは

  • できるだけ色々な都市に行きたい

と考える人も多いと思います。

なのでぜひ知っておきたい点なのですが、ベトナムは

縦にひょろっと長い国

です。

f:id:eno1081:20190529215508j:image

見ていただくと判るように

  • 北:ハノイ(首都)
  • 中部:ダナン(フエ、ホイアンに行ける)
  • 南:ホーチミン

という位置関係で各都市が離れているため、移動は基本「飛行機」を推薦します。

というのもハノイ~ダナンまで移動するだけで

  • 鉄道(16時間)
  • バス(18時間)

かかるようなんです(汗)

飛行機だと1時間半もかからず、片道航空券は2000円ほどの値段でした。

(※ベトジェットエアが安いです)

なので

  • 事前に航空券をチェック
  • =移動できるように準備しておく

のがおすすめです。

f:id:eno1081:20190529215554j:image

ちなみにダナンは、近頃はリゾート地として開発も進んでおり、観光地として注目を浴び始めています。

個人的にはベトナム旅行は案外に

  • ダナン+ホイアン

のセット旅行が満足度高めなのではないかなと思います。

f:id:eno1081:20190415110721j:plain

のんびりビーチでくつろぎたい人はぴったりの場所だと思いますし、安いリゾートホテルも多いのでぜひチェックしてみてください。

▶ベトナムの格安航空券を検索

▶ダナン ホテル|Agoda.com – 宿泊予約を格安で

6、ベトナム料理はおいしい?マズイ?

気になるベトナム料理に関してですが、噂通り

  • 美味しいともマズイともいえない味

でした。

とてもさっぱりしていて、癖がないけど、パンチもないという感じでしょうか。

f:id:eno1081:20190414153811j:plain

▲ベトナム3大料理の1つ「ホワイトローズ」の写真。気づいたら食べていた、でもなぜか味を覚えていないという感じでした。

ホイアンはオールドマーケットもあり、屋台で色々と買って食べることもできます。

f:id:eno1081:20190414202604j:plain

▲マンゴ入りのアイスクリームを購入して食べました。100円くらいで買えます。

f:id:eno1081:20190529215625j:image

▲少し良いレストランに入って、春巻きを食べました。量が多いので、1人旅の人は注意です。

隣国のタイは食事が本当に美味しいので、比較すると

  • 良くも悪くも普通だ…

と感じましたが、1つだけ「これはウマイ」と思ったのが

バイン・ミーf:id:eno1081:20190529215708j:image

ハニーチキンロースト味をセレクト。

パクチー好きなので、食がすすむすすむ!

f:id:eno1081:20190529215811j:image

バイン・ミーはうまい

と食べた瞬間に舌が覚える味でした。

ちなみに私が食べたのはハノイで一番人気があるといわれている

  • Bánh Mì 25

という店のバイン・ミーです。

  • パンがさくさくで軽い
  • 味付けがしっかりしてて美味しい
  • しかも安い(300円ほど)

手軽で安くてランチにぴったり、お腹いっぱいになるベトナム名物だと思います。

f:id:eno1081:20190529220022j:image

ハノイに訪れるならぜひ食べてほしい味なので、ぜひ参考にしてください。

7、ベトナムの物価は安い

ベトナムの物価は、基本的に安いです。

1泊3000円ほどで

  • 個室の良い宿に宿泊できる

と思いますので、色々とチェックしてみるのがおすすめです。

私の場合は

  • ホイアン(2泊・個室)
  • ハノイ(1泊・ホステル)

で宿泊しました。

ホイアンで宿泊した宿は、こんな感じです。

f:id:eno1081:20190414140704j:plain

1泊3300円ほどのお値段でした。

ドライヤーやタオルといった必要最低限のものもあり、何よりホイアン旧市街まで徒歩2分という立地の良さが魅力でしたね。

f:id:eno1081:20190414140752j:plain

※ちなみにダナン~ホイアンまでの送迎も、予約時に宿に頼みました。

▶プック アン ホームステイ (Phuc An Homestay)|ホイアン

ハノイで宿泊したゲストハウスは

  • 1泊約834円

と激安でした。

普通のゲストハウスという感じでしたが、少し狭くて人が多かったです。

f:id:eno1081:20190529220128j:image

これなら

  • もう少しお金払って個室の方がいいな

と感じたので、宿選びの参考にしてください。

▶ラグジュアリー バックパッカーズ (Luxury Backpackers)|ハノイ

8、女性の一人旅で気になる治安

ハノイに関しては、夜の出歩きはしていません。

観光地を歩く分には

  • 治安が悪いと感じる場面はなかった

ですが

  • とにかくバイクの交通量が多い
  • =交通事故に注意!

と強調しておきます。

スマホを見ながら歩いていたら、間違いなくバイクと激突してしまうような路地が多くあるので、ケガのないようにお気を付けください。

f:id:eno1081:20190529220357j:image

ホイアンに関しては

  • THE観光地という感じ
  • =夜も人だらけ

で、女性の1人旅でも夜景を見に行けると感じました。

私は宿が旧市街と、とても近かったことも良かった点だと思います。

ただし観光中心の旧市街から離れると辺りは真っ暗でしたので

  • 夜景を見に行きたい女性
  • 旧市街すぐの宿を選ぶと◎

だと思います。

f:id:eno1081:20190529220237j:image

またスリや置き引きに関しては、以前出会った女性が

スマホを見ながらハノイを歩いていたら、いきなり男が走ってきて、スマホをひったくて逃げて行った。

と仰っていたことがありました。

iPhone使用者はスマホの管理に気を付けて、対策をとると良いかもしれません。

私の場合は、セキュリティポーチにすべての貴重品をいれて服の下に隠しています。

現金に関してもあまり大金を持ち歩かず、安全第一で観光するのをおすすめしますね。

海外旅行の神器!セキュリティポーチのおすすめな選び方【使用レビュー】

ちなみに海外旅行保険に関しては、加入しませんでした。

保険の付いている無料クレカを3枚もっているので、(場所にもよりますが)東南アジアの短期旅行では加入しません。

ちなみにおすすめは、無料クレカの中で海外旅行保険の額がトップクラスにあたる

です。

※海外旅行用の無料クレカの代表格なので、ご存じの人も多いかと思いますが。

無料のクレジットカードをうまく利用すれば、タダで保険加入できてしまうので、仕組みをご存じない方は是非こちらの記事をチェックしてください。

海外旅行保険で得する!無料クレジットカードの保険節約術とは?

まとめ|女ひとり旅でベトナムに行ってみた感想

ということで今回の記事では

  • 人生初めてのベトナム女一人旅

をさくっとまとめてみました。

ベトナムはずっと旅行に行きたい国だったので、今回やっと足を運べて良かったです。

個人的な感想としては

  • ホイアンがおすすめ
  • 食事は普通(バイン・ミーうまい)
  • ハノイはバイクに注意
  • 都市間は飛行機移動
  • スリに注意

という感じでした。

f:id:eno1081:20190529220333j:image

あとはタイと違って、ベトナムは車か徒歩での移動が主になります。

この辺も空港から市内への移動方法を後日まとめる予定です。

ぶっちゃけ

  • 隣国のタイが快適すぎる
  • 料理が美味

ということもあって、ベトナムが霞んでしまうところもあります。

  • タイでは見れない風景あり
  • 食事のテイストも異なる

ので2国、合わせて旅行に行くと面白いのではないかなと思いました。

f:id:eno1081:20190529220715j:image

▲タイの食事は本当に美味しくて、観光の満足度高めですよ。

バンコクひとり旅|食事に困ったら「セントラルワールド」のフードコートに走れ!

どちらの国も短期間で安く旅行できるので、学生さんにもおすすめですね。

女一人旅のタイ(バンコク)*超弾丸旅行で失敗した理由は?

ぜひ気になる方は足を運んでみてください。

f:id:eno1081:20190529220546j:plain

それでは当記事がベトナム旅行に興味がある方の参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

>>ベトナム行きの格安航空券を検索

>>ハノイ(ベトナム)の現地オプショナルツアー

>ハノイ(ベトナム )のホテル │アゴダ

現地での移動について

ちなみにベトナム旅行に限らず、私は無料オフラインマップを愛用しています。

ネット環境なしで

  • 現在地
  • 周辺地図
  • ルート

がわかる優れモノです。

オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME

オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME

MY COM無料posted withアプリーチ

旅の必携アプリなので、知らない方は絶対に利用できるようにしておきましょう。

無料で使える旅の神アプリ!「Maps.Me」オフラインマップの使い方

WiFiに関してもレンタルしませんでした。

旅行方法が気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。

本当に必要?私がレンタルWiFiなしで海外旅行をする4つの理由

補足*旅行の手配の仕方について

一人旅の手配の仕方は大きく分けて

  • ツアー参加
  • 個人手配

の2通りだと思います。

大手2大旅行会社のプランでは、食事・宿泊費込みで非常にお得なものも多いので、一度チェックするのは◎だと思います。

▶H.I.S(エイチ・アイ・エス)で海外・国内旅行を検索

▶JTBで海外旅行を検索

何だかんだでパッケージツアーは安心度が高く、サポートも手厚いと思います。

ちなみに私の場合は、自分で航空券と宿泊予約して東南アジア旅行しています。

個人手配で旅券を予約する方法などは以下の記事を参考にしてください。

【おすすめサイト決定版】海外旅行の個人手配!自力で航空券を手配する方法

ベトナム一人旅に関する記事

女一人旅のホイアン*旅行を120%楽しむために知っておきたいこと

東南アジア旅行記はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。