ヨーロッパ周遊はどこからスタートすべき?【おすすめルートの立て方】

自分でヨーロッパ周遊のルートを考えるコツは?

今回の記事では、個人旅行でヨーロッパを周遊する人に向けて

  • ヨーロッパ周遊はどの国からスタートするべきか?
  • 周遊の拠点(スタート地点)の選び方のコツ
  • 実際に自分が周遊したルートの具体例と感想

をまとめたいと思います。

f:id:eno1081:20190509010226p:plain

私自身もそうでしたが、ヨーロッパを周遊するとなるとルートを自分で決めないといけないので、色々と悩むところも多いんですよね。

ガイドブックを見てもいまいちピンとこない、という方も多いと思います。

実際に私が周遊した経験がこれから周遊される方の参考になれば幸いです。

1、実際に私が周遊したプラン(一例)

まず私が実際に旅行したルートを参考までに挙げておきます。

1回目のヨーロッパ周遊は

  • フランス⇒ベルギー⇒オランダ⇒ドイツ⇒スイス⇒フランス

というルートで回りました。

このときは知識がなかったので、全て陸路でほぼバス利用でした。

高速バス(FLIXBUS)でヨーロッパ周遊した感想【使い方・反省点まとめ】

※その他、詳しい交通機関の利用法については「欧州10カ国訪問したバックパッカーが語る*ヨーロッパ周遊の格安旅行術」をご覧ください。

f:id:eno1081:20190123223018j:image

  • 予算:35万(少しオーバーした記憶アリ)
  • 期間:2週間超(ほぼ3週間・夏・お盆時)

初めてのヨーロッパ周遊ということもあり、色々と反省点も多かったです。

後半は時間がなく夜行バスを多用したので、疲れてげっそりしていました。

2回目のヨーロッパ周遊は

  • オーストリア⇒スロバキア⇒チェコ⇒ポーランド⇒イタリア⇒オーストリア

で中欧をメインに1周しました。

f:id:eno1081:20190123223034j:image

  • 予算:25万(達成)
  • 期間:前回と同じ

2度目ということでコツをつかみ、かなり節約できましたし、時間も有効的に活用できたなと感じました。

※ただし、どちらのルートも反省点があるので真似するのはあまりおすすめしません。もっと効率の良いルートもあると思います。例えば、1度目は後半、移動時間が多すぎて辛かったです。特に、スイスからパリに戻るのに時間を使い過ぎました。

2度目はイタリアから飛行機に乗りハンガリーに入ってオーストリアに戻るのが無難だったような気がします。あくまで一例として参考にしてください。

※移動手段や具体的に関しては、下記事を参考にしてください。

個人手配でヨーロッパ周遊するときの移動方法は?【飛行機・列車・バスの3つを解説】

2、まずは行きたい国をリストアップしてみる

オススメのルートの立て方、第一ステップは

  • 行きたい国をリストアップしてみる

ということです。

私の場合は最初の周遊の際は、地球の歩き方(ヨーロッパ周遊用)を購入して地図を開き、行きたい国や都市にチェックを付けて、線で結んだりしていました。

ルートを立てるときは

  • 必ず地図をチェックする

と頭に入れておくと良いでしょう。

何カ国回れるかというのは期間や国にもよりますが移動日を含めて

  • 1週間:1カ国じっくり回った方が楽しい
  • 約10日:2~3か国回れる
  • 2週間:4~5カ国回れる

と個人的には思います

(ただし国と国の距離や、移動手段にもよって変わるのが前提です)

※モデルルートに関しては、また旅行日数別に記事を作成してみようと考えています。

3、ピックアップした国の航空券を検索

さて、先ほど自分が選んだ国は、どれも行きたい国のはずです。

なので

  • 日本から各国への往復航空券の値段を検索

してみましょう。

仮にですよ。

自分の行きたい国をチェックして1か月後の航空券を検索してみて

  • オーストリア:9万円
  • スロバキア:航空券なし
  • チェコ:11万円
  • ポーランド:9万円
  • イタリア:10万円

となったら、この時点で「オーストリアorポーランド」の2択にスタート地点は絞れるのではないでしょうか?

一度ヨーロッパに入ってしまえば

  • 各国への移動費は数千円で済む

というのも知っておきましょう。

特に隣国(例えばウィーン➡チェコなど)であれば、バスを利用して3000~4000円という値段で移動ができます。

一番お金がかかる交通費は間違いなく日本からの飛行機代です。

f:id:eno1081:20190124003918j:image

なので、なるべく日本から安くヨーロッパに入れる航空券を探すのがベストだと思います。

試しに「スカイスキャナー」で大阪~ウィーンの往復航空券を検索してみましょう。

簡易検索はこんな感じでした。

一番安い日にちを適当に選ぶと

f:id:eno1081:20190126150833p:plain

便を表示という部分をクリックすると、詳細検索になるので少し値段はあがりました。

それでも8万円を切っています。

ヨーロッパって案外安く行けるものだなぁと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか?

f:id:eno1081:20190126150908p:plain

ただ自分の予定もありますし、チケットの値段は変化するので、検索をかけるのを日課のようにして、早めに予約をすることをおすすめしておきます。

>>スカイスキャナーで航空券を検索

4、首都と隣国との位置関係もチェック

航空券の有無をチェックした後でポイントになるのが

  • 首都と隣国の位置関係(アクセシビリティ)

になります。

これはどういうことなのか、地図をチェックしてみましょう。

例えばオーストリアの首都ウィーン。

地図を見てみると判ると思いますが、隣国のハンガリーやスロバキアの首都と非常に近しい位置関係にあります。

(実際、移動も簡単にできますので、1週間で3か国という回り方も可能です)

f:id:eno1081:20181221233005j:image

一方でポーランドの首都クラクフ。

ウィーンと比べると隣国の首都との距離が遠く、簡単に移動しづらい場所にあることがわかると思います。

f:id:eno1081:20190123223126j:image

とすれば、最初にウィーンに入り、隣国をめぐって余裕があればポーランドへというルートが自ずと見えてくるでしょう。

なので航空券の値段だけでなく

  • 隣国との位置関係も地図で確認する

のが大切なポイントになると思います。

ヨーロッパ周遊の目的は人それぞれですが

  • できるだけ色々な国に行ってみたい!

と考える人は多いと思います。

時間が沢山あればいいのですが、無限に旅行できるわけでもないです。

なので隣国との距離が近く、国境を越えやすいエリアを出発地点にすると、順路も立てやすくスムーズに移動出来て、楽しいかと思います。

※例えばフランス~ベルギー~オランダも移動しやすいエリアだと思います。

ヨーロッパ一人旅でフランス~ベルギー~オランダ横断する際のポイント・注意点

移動方法に関しては、先ほど高速バスを推薦はしましたが、早めに予約すれば列車も安く乗れます。

(列車の方が移動時間が短くて、快適なのは間違いないです)

ギリギリ予約だと値が高騰することもあるので、不安な方は下の日本語対応サイトでブッキングしておくとよいと思います。

>>レイルヨーロッパで鉄道を検索

5、自分が2度行きたい国にすると◎

もう1つ重要なポイントが、今回の内容が

  • あくまで周遊(1周)プラン

という点です。

例えば、ガイドブックなどのモデルルートを確認すると、IN(入る国)とOUT(出る国)を別にしていることも多いです。

正直、お金があればその方が楽なのですが、私の場合は

  • 往復で航空券を購入した方が安い
  • 出発してからルートを決める(つまり弾丸旅行)

という理由で、同じ国から入って同じ国から日本に帰るようにしました。

この場合、当然ですが

  • 1周して最初の国に戻ってくることになる

ので、2度足を運びたいなと思うくらい訪れたい国を拠点(スタートかつゴール)に選ぶのもポイントですね。

見所が多い国や、お土産を最後にたくさん買いたい国を選ぶというのもアリだと思いますよ。

ちなみにINとOUTの国を別にするときは、同じ国戻る必要がないので、ルートに関しても好きな国にどんどん足を運べばオッケーだと思いますよ。

まとめ

ということで今回の記事では、ヨーロッパ周遊はどこからスタートすべき?かという問いに答えられる内容を目指しました。

まとめると

  1. 自分の行きたい国や都市をピックアップする
  2. 地図にチェック付けて、線で結ぶ
  3. 各国の航空券を検索(スタート地点絞る)
  4. 隣国との距離をチェック⇒回り方を検討

という感じになるかなと思います。

最初のヨーロッパ周遊は不安なので、自分でルートをたてるのは怖いという気持ちもあるかもしれません。

が、せっかくの個人手配旅行であれば

  • 自分で好き勝手行きたいところに行く

というルートの立て方が一番楽しいと思います。

なので、ルートの立て方に正解はありません!

ただ1つアドバイスをすると

  • 必ずしも陸路にこだわる必要はない

というのがコツです。

(一度目の周遊ではそれがわかっていませんでした。ヨーロッパ内で飛行機利用すると、かなり楽でした)

ヨーロッパ周遊って、陸路で列車やバスを使うイメージを持っている方も多いと思うんです。

でも

  • LCC(飛行機)を利用して数千円&数時間で、ちょっと離れた国にも行ける

というのはぜひ頭に入れておいてください。

陸路を利用すると、時間がかかる移動も飛行機なら、あっという間です。

特に夏であれば

  • 夜21時過ぎまで明るい
  • =移動日も、たっぷり観光できる

ので短い期間で、充実した観光が可能なのもヨーロッパ旅行の魅力。

ですから飛行機で

フランスからいきなりイタリアに飛ぶというルートもありなんですよ。

f:id:eno1081:20190124004000j:image

ためしにパリから片道で、ざっと検索かけるとこんな感じ。

f:id:eno1081:20190123232125j:image

ポルトガルでもスペインでもドイツでも、好きなとこ飛んじゃえばオッケーなんです。

基本的に、ヨーロッパは自分の好きなところに行けばいい、つまり旅行者の数だけルートがあると考えて◎だと思います。

ヨーロッパは、こういった自由度が非常に高いエリアですね。

国境を超えるのにパスポートを提示することもなかったです。

EU諸国は各国へのアクセスが容易なので、自分で効率の良いプランを立てれば2週間で周遊可能ですし、3週間あればかなり充実した旅行になりますよ。

手軽に何ヵ国も行けるので一度行ったら、ハマってしまう旅行地なのは間違いないと思います。

ぜひ気になる人は足を運んでみてください。

それでは、最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

補足*旅行の手配の仕方について

一人旅の手配の仕方は大きく分けて

  • ツアー参加
  • 個人手配

の2通りだと思います。

大手2大旅行会社のプランでは、食事・宿泊費込みで非常にお得なものも多いので、一度チェックするのは◎だと思います。

▶H.I.S(エイチ・アイ・エス)で海外・国内旅行を検索

▶JTBで海外旅行を検索

何だかんだでパッケージツアーは安心度が高く、サポートも手厚いと思います。

ちなみに私の場合は、自分で航空券と宿泊予約をして中欧を周遊しました。

費用も含めて個人手配で旅券を予約する方法などは、以下の記事を参考にしてください。

ヨーロッパ周遊の格安旅行術!欧州10カ国訪問したバックパッカーが旅費&手配方法を全公開

それでは最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました!

>>レイルヨーロッパで鉄道を検索

※ヨーロッパ周遊のその他の内容に関しては、以下のリンクを参考にしてください。

ヨーロッパ周遊に関する他の記事

ヨーロッパのどのエリアを周遊しようか悩んでいる方には、中欧がおすすめです。

  • 治安よい
  • 物価も安い

ので初めてのヨーロッパ旅行に非常にお勧めです。

詳しくは下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

はじめてのヨーロッパ一人旅なら「中欧」がおすすめな理由3つ

ヨーロッパ周遊の持ち物に関しては、下記事にリストアップしました。

出発前の参考にしてください。

初めてのヨーロッパ周遊に必要だった「持ち物リスト」【出国前にチェック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。