The Cat's Pajamas

旅と読書をこよなく愛する平成育ちの猫好きです。自分の好きなことだけをのんびりぽつぽつ紡いでいく趣味ブログを目指しています。

ブログタイトル

女一人旅の台湾*初の台湾旅行を決行してみて感じたこと3つ!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

海外旅行先として人気の台湾へ女ひとり旅

今回は台湾へ一週間ほど一人旅に行ってきた感想をまとめたいと思います。

一言でいえば、海外旅行とは思えないほど手軽に旅をできる場所として、台湾はとってもお勧めできると感じました。

ただ、反省点も多い旅でした。

そのため今回は、これから旅に出る人が素敵な時間を過ごせるように、台湾旅行のポイントを少しばかりまとめたいと思います。

目次

1、台湾は雨降りの日が多い

今回の旅行の一番の反省点!

それは、天気予報で曇り(雨)の日に台湾旅行を決行してしまったことです。 

台湾は雨が多い国なので仕方ない!

とも思いますが、今から旅行に出る方はぜひ天気予報で晴れの日を狙って台湾を訪れてください。

ちなみに私は5日間ほど台湾にいました。でもきっと雨の日に台湾に五日間いるより、晴れの日に2日台湾にいた方が絶対に楽しいです。

ちなみに台北でしたら、二日三日あれば十分に見て、回ることができる広さだと感じましたよ。

悲しいことに今回の旅行の写真はすべてどんより曇り空。私の心も雨ざあざあといった感じです。

例えば、初日に行った東洋のベニスと謳われる淡水はこんな感じです。

f:id:eno1081:20160327183329p:plain

f:id:eno1081:20160327183344p:plain

f:id:eno1081:20160327183355p:plain

なんていうかもう町が全身全霊で泣いているという感じですね。

しかも夕日絶景スポットなのに何を間違えたか早朝に行ってしまったんです。あてもなく泣き崩れている港町を歩き続けました。

ちなみにここは日本でいえば神戸のハーバーランドのような場所で、地元の方も多く見かけました。

建物の中に入ると、こんなものがあったりします。

f:id:eno1081:20160327183717p:plain

ハートの形をした紙に恋愛祈願ができるんです。

f:id:eno1081:20160327183755p:plain

新婚夫婦のイメージトレーニングをするために用意されたような部屋が続きます。

f:id:eno1081:20160327183836p:plain

まあぶっちゃけ、彼氏のいない女が雨の日に一人旅で足を運ぶような場所じゃなかったですね。

地元のカップルが多く、お呼びでない感がすごかったです。

妙なダメージを受けてしまったので、もし淡水に行く予定がある方は、ぜひ夕方、天気の良い日にカップルで足を運んでもらいたいと思います。

f:id:eno1081:20160327183947p:plain

ちなみに淡水の行き方は「台北」でMRTに乗って終点の「淡水」駅で降りるだけです。すごく簡単でした。

台湾は路線図が非常にわかりやすくて普段日本で列車通勤などをしている身であれば、迷う心配が全くないというのも大きな魅力だと感じました。

  • 台北からは約40分くらい
  • MRTの料金は40元(約160円)

になっています。参考までに。

2、台湾は美術館のお値段がとってもお手頃!

美術館周りを趣味としている私としては、これはとても嬉しい驚きでした。

私はこの旅行で故宮博物院を含め、4つの美術館を巡りました。中には無料の美術館もあり、とても驚かされました。

特にお勧めしたいのは、台北市立美術館です。

  • 入場料はすべての展示を見ても30元(つまり日本円で100円ほど)

それなのに日本にある現代美術館と比べても圧勝してると思えるくらい、サービスや展示の内容が充実していました。

f:id:eno1081:20160327185327p:plain

また平日ですが、お客さんで賑わっているのも印象的でした。

特に感動したのは大きなリュックサックを背負っていた私に、受付の方がすぐに走ってきて「荷物預かりますよ」と流ちょうな英語で声をかけてくれたことです。

f:id:eno1081:20160327185954p:plain

荷物の預かりも無料で、とっても助かりました。

f:id:eno1081:20160327185348p:plain

館内で写真はOKでした。

子供たちが熱心に学芸員さんの話を聞いている姿に癒されました。

f:id:eno1081:20160327185553p:plain

なにより展示の数が多く、館内が広くてきれいなことに感動しました。

f:id:eno1081:20160327185823p:plain

展示の内容については、また別の機会にまとめたいと思います。

f:id:eno1081:20160327185623p:plain

故宮博物院も勿論素敵でしたが、混雑も避けられません。

のんびり美術鑑賞することができ、かつ地元の人の様子を知るという意味では、個人的にはこちらの方が満足のいく美術鑑賞をできたと思います。

ちなみに台北市立美術館は、地下鉄(MRT)の圓山(円山)駅を降りた場所にあります。2番出口を出て、左折。

大きな広場の中をまっすぐと歩き、歩道橋を渡って左折。そのまま道沿いに歩くと建物が見えてきます。

f:id:eno1081:20180412211401p:plain

宜しければ、参考にしてください。

できれば晴れの日に訪れたい台湾。

ですが、どうしても雨の日にしか予定が空けられない方もいらっしゃると思います。

そんなときは故宮博物院だけでなく、台湾市立美術館にも足を運んでみてくださいね。

f:id:eno1081:20160327190018p:plain

3、食事は屋台ではなく、事前に調べた有名店に期待した方が◎

台湾といえば、食べ歩き!

ということで今回の旅行では増量を目的としていたほどだったのですが、結果としては初日に行った屋台の味にがっかりしてしまい、途方に暮れていました。

このように書くと失望されるかもしれません。

でも、もしかすると普段から、お祭りの屋台の衛生面が気になってしまう人は、あまり台湾の屋台を楽しめないかもしれません。

でも朗報もあります。

話題のタピオカミルクティーは激うまです。美味しすぎて、滞在中にほぼ毎日飲んでました。

f:id:eno1081:20160327191705p:plain

きちんとお店に入ろうと考え、台中の有名店「池園春」に行ったところ、何の気なしに食べた蟹小籠包が滅茶苦茶美味しかったです。

f:id:eno1081:20160327192014p:plain

つまり

  • 台湾に行く際は、口コミチェックなど事前に行くお店を決めていく
  • 屋台よりも店の美味しいものを食べる旅にした方がよい

と個人的には思いました。

あと食べ物の量は多いです。その点は、大人数で行って、注文したものをシェアする方が楽しめるかもしれません。次は友人との旅で台湾に来たいなとも感じました。

ちなみに有名な士林夜市

f:id:eno1081:20160327190655p:plain

イメージは大阪にあるアメリカ村に近しいです。

色々と食べて歩く楽しさはありました…!

f:id:eno1081:20160327190727p:plain

こうやって写真で見ると、なんだか異国情緒を感じて素敵ですね。

f:id:eno1081:20160327190737p:plain

f:id:eno1081:20160327190759p:plain

台湾は今、旅行先として注目されており、女一人旅でも行きやすい場所として、多くの記事が書かれています。

けれども今回の旅行で感じたのは、台湾は一人でなく、大勢で来た方が楽しめる場所じゃないかなということでした。

とにかく食事の量が多いので、一人で食べきるのは大変です。また、屋台のような場所を楽しむには一人だと熱量にかけてしまうということが主な理由です。

f:id:eno1081:20160327190931p:plain

このように書くと今から台湾に行こうと思っていた人の足が遠のいてしまうかもしれません。

なので一つ、台湾女一人旅のメリットを強調しておきたいと思います。

台湾で女一人旅の最大の魅力とは?

台湾ひとり旅の魅力、それは治安の良さです。

とにかく台湾は親日であると肌身で感じる機会が驚くほど多かったです。

道に迷っているときに、日本語がペラペラの台湾人の方が助けてくださって、一緒にご飯を食べたのも良い思い出です。

お店に入れば、日本語で声をかけてくれる店員さんが多かったです。一度も嫌な顔をされず、英語で観光客とお話しするのを本当に楽しんでいる様子が見られました。

飲食店のテレビにはちびまる子ちゃんが流れていて、町中に当たり前のようにセブンイレブンがあります。

ここはもしかして日本…???

と錯覚すら覚える瞬間がありました。

本当に国を背負った信頼を感じる場面が多く、これだけで台湾がとても好きになるという笑顔に出会うばかりで、日本人であることを誇らしく感じました。

そして彼らの信頼にこたえるような国であり続けないといけないとも考えさせられました。

ということで、治安に関しては、全く心配する必要がないです(もちろん日本にいるときですら絶対に安全ではないですし、貴重品などの管理は必要です)。

日本の地方を一人旅するくらいの気持ちでも行けると思います。

台湾旅行に必要なもちものは?

台湾旅行の持ち物に関しては、以下の記事が詳しいです。

www.nekopajamas.net

また海外旅行に行く前に買っておくと便利なものは下の記事にもまとめています。参考にしてください。

www.nekopajamas.net

台湾ではコンセントの変換プラグは必要ありませんが、そのほかについては、おおむね変わらないと思います。

ちなみに私の場合、台湾旅行では海外保険に入らず、クレジットカード付帯のもの頼りでした。1週間近くいましたが、荷物も小さめ(25ℓほど)のリュック1つでした。

台湾一人旅を楽しむコツは「ゲストハウス」に泊まること

最後に、台湾で一人旅をするときに楽しむポイントを1つ記しておきたいと思います。

それはゲストハウスに泊まることです。

www.nekopajamas.net

ご存知の方も多いと思いますが、台湾はゲストハウス文化が華開いている場所です。

キレイで使い勝手の良く新しいゲストハウスが多くあります。

f:id:eno1081:20180412215530p:plain

▲宿検索サイトBooking.comで検索するとこのような感じです。私が宿泊したのは、下から二番目にある「ミニイン」という宿だったのですが、駅から徒歩数分で、まだ新設したばかりでしたので内装も清潔感があり、綺麗で滅茶苦茶よかったです。上の記事で詳しくお勧めしています。

ひとり旅は寂しいというイメージを持っている方も多いかもしれません。

でも逆に一人だからこそ新しい人との出会いもあります。

共同スペースや相部屋で出会った外国の方と、英語で知らない人と会話をしたりして楽しむこともできます。

f:id:eno1081:20180412213721p:plain▲私が宿泊した台中のゲストハウスの共有スペース。台所にあるクッキーを好きなだけ摘まんで食べるころができました。

折角の一人旅ですので、ぜひ新しい出会いを求めて素敵なゲストハウスを探してみるとよいと思います。

▲私はいつもBooking.comで予約した安宿に連泊し、荷物を宿において周辺の観光をするパターンです。口コミなどもたくさん見れるので参考にするとよいと思います。

まとめ*台湾の魅力とは?

まとめてみますと台湾は、良くも悪くも

  • 台湾は日本に近しい、旅行しやすい場所

だと思います。

移動は日本で電車に乗る感覚と全く変わらないです。治安も(日本ほどではありませんが)よいです。日本語も通じやすく、食べ物にも困ることはありません。

ただ国内や国外を旅慣れた方にとっては

  • カルチャーショックが少なく、あまり刺激を感じない場所

かもしれないとも思いました。

また、個人的な反省点ですが、旅行用の良いカメラを購入していなかったので、写真が少し残念な出来なんです。やっぱりカメラは良いのを一つ持っておいた方がいいと反省しました。

www.nekopajamas.net

台湾はとても気軽に行けるとよくわかりましたので、今度訪れる機会があるときは、愛用のカメラをもって、ぜひ南の方にも足を運んでみたいと思います。

とても楽しい旅行でした。

ぜひ多くの方に気軽に足を運んでほしい場所だと思います。

それでは最後まで読んでくださり、有難うございました。

f:id:eno1081:20160327190737p:plain

補足*個人旅行の手配の仕方

以下の記事に航空券と宿の手配の仕方・航空券検索サイト比較をまとめてみました。

気になる方はぜひ一読ください。

www.nekopajamas.net

ちなみに結論としては skyticket.jpという大手の航空券検索サイトが一番信頼できます。

宿と飛行機が予約できれば、あとはパスポートを持って国境を超えるだけです。ぜひ楽しい旅に出かけてきてくださいね。

skyticket.jp

台湾ひとり旅に関する記事はほかにもあります

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com

kinako18.hatenadiary.com

*他にもいろいろな国に一人で行っています。宜しければお立ち寄りください。

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net

www.nekopajamas.net