初めての海外一人旅で行くべき国はズバリ○○!?【後悔しない旅行先の選び方】

今回の記事では、海外1人旅で30か国訪問した経験を生かして

  • 初めて海外一人旅をしてみようと考えている人

の参考になるような記事を書きたいと思います。

さて、旅行の計画を立てる上で誰もが悩むのが「行き先」です。

  • はじめて海外一人旅行くけど不安
  • 治安がいい場所の方はどこかな…

なんて悩んでしまって、計画が一向に進まないという人もいらっしゃるかもしれません。

ということで今回は、海外一人旅デビューしたいと考えていらっしゃる人が、前向きな気持ちで一人旅の目的地を決められるような記事を目指したいと思います。

  • 初めての1人旅、どの国にいくべきか?

と悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

1. 初めての海外1人旅なら「東南アジア」がおすすめ

最初に結論を述べておくと、初めて海外旅行に行くのであれば

  • 東南アジア

が個人的にはおすすめです。

理由は

  • 日本から直通で安い便が多い
  • 飛行機に乗る時間が短い
  • 文化的差異がそこまで激しくない

ということで精神的な負担が少なく、気軽に足を運べると思うからです。

人気の旅行地であれば

  • 韓国
  • 台湾
  • 香港-マカオ
  • インドネシア
  • タイ
  • シンガポール

など、沢山の候補が挙がりますよね。

親日で旅行しやすい「台湾」

私としては、女性も一人旅しやすいおすすめの旅行地として「台湾」をすすめています。

f:id:eno1081:20160327190759p:plain

台湾は

  • 親日(日本語が通じる可能性高い)
  • 日本人観光客も周りに沢山いる
  • 治安も良好

非常に旅行がしやすい場所だ、と個人的には感じたからです。

実際、私は道に迷っているときに日本語ペラペラの台湾人の方に助けてもらったことがあります。

「日本から来た」と答えると店員さんが喜んでくれることも多かったです。

街の中に

  • セブンイレブン
  • ユニクロ

といったお店も多く、テレビでは日本のアニメが放送されています。

物価も安く、航空券も安価なので、国内旅行より旅費は少なくて済むかもしれません。

台湾の欠点をあえて挙げるなら

  • 日本の地方に行った感覚

で旅行できてしまうので、海外旅行ならではの刺激が非常に少ない点でしょうか。

はじめての海外旅行に不安が大きい方は、選んで失敗しない旅行地だとは思います。

女一人旅の台湾*初の台湾旅行を決行してみて感じたこと3つ!

治安良好な「シンガポール」

もう1つ、海外旅行に不安な方であれば

  • シンガポール

をおすすめしたいと思います。

シンガポールの魅力は

  • 治安が良い
  • 街が清潔でキレイ
  • 機能性が高い

という点です。

実際、私も1人旅で訪問しましたが

  • 思った以上に見どころが多い

と感じましたし、海外旅行ならではの華やかさが味わえると思います。

私としては「こんな建物あるんだっ…」という驚きが大きくて、SF映画の近未来世界に訪れたみたいだと感じました。

治安も、フィリピンやインドネシアに訪れるよりは絶対的に良いです。

規律がしっかりしている国(ポイ捨てなどは罰金の対象)なので、町全体に清潔感もあります。

シンガポールの欠点は

  • 物価が高め

という点でしょうね。

あと、食事はあまりおいしいとは言えないと感じました。

といっても日本から格安の航空券も多く出ていますし、国土が狭いので2泊3日もあれば十分に異国を味わえると思います。

女一人旅のシンガポール*海外初心者におすすめ!実際に旅行した感想

2. 初めての海外旅行 in ヨーロッパなら「治安」重視

東南アジアではなく

  • ヨーロッパに行きたい

と考えている人も多いはずでしょう。

海外初心者のヨーロッパ1人旅で、最も重視しないといけないのが

  • 治安

です。

実は「ヨーロッパ」と一口に言っても

  • エリア(国)によって治安が異なる
  • 犯罪のパターンがある

と知っておかないと、慣れない1人旅でトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

治安が良くおすすめなのは「中欧」

個人的に治安の良さでおすすめしたいのが

  • 中欧エリア

です。

具体的には

  • ドイツ
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • チェコ
  • ポーランド

あたりの国を指します。

特に私が治安の良い国、かつ旅行の満足度が高い国としておすすめしたいのが

  • ドイツ
  • オーストリア

この2か国です。

ヨーロッパは10か国以上訪問しましたが、治安に対して不安のない国でした。

中欧旅行に関してはこちらの記事にまとめています。

はじめてのヨーロッパ一人旅なら「中欧」がおすすめな理由3つ

オーストリアは他国との距離が魅力

オーストリアの魅力は

  • とにかく清潔
  • 街がきれい
  • 隣国との距離が近い

という点です。

オーストリアを起点に、ハンガリーやスロバキアに日帰り旅行もできます。

  • ウィーン
  • ハルシュタット

の2か所をめぐるだけで十分な内容になるはずです。

街並みはとても美しく、歴史的に価値の高い宮殿もあり、ウィーンは町全体が世界遺産。

f:id:eno1081:20180729170952j:plain

かつ治安が良く、海外初心者の1人旅でも安心して旅行できると思います。

女一人旅のウィーン*初めての中欧旅行!観光の魅力を5つまとめてみる

ドイツは見どころが多い

ドイツも治安が良く、日本人には観光しやすい場所だと思います。

  • 国土が広い
  • 色々な都市を周遊できる
  • 観光スポットも多い

ので、1か国のんびり周遊するだけでかなり充実した旅行になるでしょう。

ケルン大聖堂(ドイツ)一人旅で見た夜景の写真

ヨーロッパのベストシーズンは夏ですが、ドイツは冬のクリスマスマーケットに訪問するのも楽しいと思いますよ。

個人的におすすめなのは、ロマンチック街道の都市を順に巡るプラン。

シンデレラ城のモデルになったといわれるノイシュバンシュタイン城も見れます。

ドイツは治安も比較的良い都市が多く、人もおだやかな印象を受けました。

海外初心者がまずヨーロッパに旅行するなら、ドイツ1か国だけというのが1番無難かもしれませんね。

3. 後ろ向きな動機ではなく、前向きな動機で…

ということで、おすすめの国をいくつか挙げてみました

  • 海外一人旅初心者なら○○が良い

というのは、あくまで私自身の主観に基づいた「おすすめ」に過ぎません。

人によって、気に入る国は絶対に違います。

私自身の経験では、文化や歴史に興味がある思い入れの深い国への旅行は、とても満足度が高かったです。

なので私の意見としては

  • 旅行に行くなら自分が「行きたい国」に行くのが正解

と、この記事ではあえて主張したいと思います。

どの国を気に入るかは人それぞれ

私はもともと、人から旅の話を聞くのが好きでした。

そして世界一周した人や、色々な旅行地に訪れている旅好きに出会うと、必ずこう尋ねました。

  • 今まで行った中で一番気に入った国はどこですか?

この問いに対する答えは本当に様々なんです。

  • インドネシアの海が好き
  • イタリアで食べた料理が最高だった
  • ジンバブエにもう一度行きたい
  • アルバニアのブルーアイが必見
  • やっぱりカナダだよね!

など、色々な答えが飛び出してきます。

興味深いと思うのが、同じ国のことを語っているのに人によって感想が全く違うという点です。

  • インドが最高

という人もいれば

  • インドは最悪

という人もいるのは、良くある話です。

タイが大好きで20回以上訪れているという人もいれば、イマイチ好きになれないと首を捻っていた人もいらっしゃいました。

多くの人が一括りにしてしまいがちなヨーロッパですら

  • ラテン系の国(フランス、イタリア、スペインなど)が好きな人

もいれば

  • ドイツやオーストリア、チェコのような中欧が好き

といった具合に好みが違います。

f:id:eno1081:20180811183922j:plain

(個人的にはラテン系の国が好きです。でも実際に行ってみるまで気づいていませんでした)

つまり

  • 旅行者によって、感想は異なる
  • その国に対する思い入れ(文化や歴史の知識の有無、語学面での興味の度合い)に左右される

という点を考慮すると、やはり旅の満足度が一番高くなるのは

  • 自分が「行ってみたい!」とワクワクする場所

ではないかと思います。

4. 「~すべき」の答えは自分しかわからない

さらに意見を述べるのであれば

  • 海外旅行初心者が最初に「訪れるべき」国や地域なんて存在しない

と私は考えています。

今回あえて私は、この記事のタイトルに「~すべき」という表現を入れました。

普段生活をしていると、私たちは沢山の「~すべき」に出会います。

  • 学テストで良い成績を取るべき
  • 偏差値の高い大学に行くべき
  • 安定した仕事に就くべき

こういった「~すべき」は私たちの行動を決めてくれる、わかりやすい指針です。

でも、それは本当に自分にとって「するべき」ことなのでしょうか?

「~すべき」という表現には

  • 「~すべき」と言う側に利得がある
  • 単なる思い込み
  • 自分と相手を同じ位置に置きたい
  • 同調意識の表れ

といった色々なパターンが想定されます。

優等生的に「~すべき」に従うことは、私たちの心を安心させますが、それはあくまで他人の主観に基づいた指標でしかありません。

それに沿うことは、安心と満足を与えはします。

でも「すべき」に従って気持ちを殺し続けると、少しでも逸脱したとき、何をどうしたらいいか自己判断できなくなる危険性があるとも思います。

(勿論、自分の意志と「~すべき」の内容に齟齬がなければ、問題はないですが…)

Person Leaning on Wall and Praying

偉そうなことを言っているようですが「~すべき」というのはエモーショナルな表現で、私自身も無意識に多用していることはあるかもしれません。

また、気づかないうちに「すべき」の思い込みに苦しんだ経験もあります。

だからこそあえて強調したいのは、一人旅をしたいと思う理由は、人それぞれだという点なんです。

きっと

  • 一人で好きなところに行きたい
  • 自由に旅したい
  • 大好きなあの国を見たい

といった、自分だけの動機を抱えている人も多いと思うんです。

確かに、治安の心配は必要です。

防犯は怠らず、現地の情報は、必ずチェックしましょう。

そのうえで行き先は、自分の心と相談して決めるのがベストだと思います。

「訪れるべき国や地域」というものがあるとすれば

  • あなたが心から「行ってみたい」と思う場所以外にあり得ない

これが、この記事で私が1番に伝えたいことなのです。

5. 自分の行ってみたい場所をリストにするのも◎

もう1つおすすめなのは

  • 自分が人生で一度は行ってみたい場所をリストにする

という方法です。

私も十代の頃に作ったのことがあるのですが

  • アルバニアのブルーアイを見る
  • モロッコの砂漠でラクダに乗る
  • モン=サン・ミッシェルでクレープを食べる

といった旅行先を今でもメモに残しています。

f:id:eno1081:20171210201443j:image

▲実際に訪れたモン=サン・ミッシェルの夜景。達成した項目は、1つずつ地道に消しています。

このリストは重宝しまして、今でも眺めながら、旅行先選びのヒントにすることが多いです。

自分の行きたい旅行先をリストにし、その中から

  • 比較的、日本と近く治安が良い(悪くない)国

をターゲットにして、最初の旅行の計画を立てると良いかもしれません。

6. 海外一人旅の前に国内一人旅に慣れる

「海外一人旅に行きたい」と思う人は男女年齢問わず

  • 国内でも一人旅をするのが好き

な人が多いようにも思います。

海外一人旅も結局は、国内一人旅の延長に過ぎません。

なので海外一人旅に対する不安を無くす一番の方法は、やっぱり

  • 国内一人旅に慣れておく

ことだと思います。

日本国内にも素敵な旅行地は山ほどあります。

f:id:eno1081:20170716121352j:plain

私自身まだまだ、自分の生まれた国のことを学ぶ必要があると思っています。

色々な場所へ(可能であれば全ての都道府県へ)訪れてみたいと常々思っていますね。

f:id:eno1081:20190402131935j:plain

まとめ|初めての海外一人旅、どこへ行くべき?

ということで今回の記事では、海外一人旅に不安を抱えて

  • どの国に行くべきか、悩んでる…

という旅行初心者向けに

  • 一番行きたいと思う国や地域を選ぶのがおすすめ

という見解を伝えさせていただきました。

治安に対する不安はもっともですし、無理はしないのは大前提です。

ただ私も実際、初めて一人旅で訪れた国は「カンボジア」でした。

理由はただ一つ、アンコールワットが見たかったからです。

f:id:eno1081:20160226151002p:plain

ぶっちゃけ、それほど治安が良い場所とは言えませんし、大失敗もありました。

初日は宿のベッドに横になりながら「もう帰国日まで外に出たくない」と真剣に悩んだくらいです。

でも今思えば、すごく思い出深い一人旅になりまして、あの時カンボジアにして正解だったなと思う気持ちが強いんです。

女一人旅のカンボジア*シェムリアップに個人手配旅行で6泊7日してみた感想

初めての一人旅は不安かもしれません。

でも、これから旅行に行かれる方にも、ぜひ

  • この場所に来れてよかった!

と心から思える旅をしてもらいたいと思っています。

それでは、当記事を最後まで読んでくださり有難うございました!

初めての海外旅行を応援する記事

ひとり旅に必要なのは「勇気」ではなく○○!女1人で30か国旅して気づいたこと 一人旅の楽しみ方はアイディア次第!実際に使えるおすすめの工夫7つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。